営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



アーカイブ : 2009年11月

ストリートクラス総合優勝&FRコースレコード!

先日行われたアメリカのタイムアタックイベントにおいて

なんと!

ストリートクラスでハイパワーの

エボ、インプを抑えて

総合優勝を達成しました

やはり中〜高速域での安定感が向上して

同パワーのエンジンで1.7秒ものタイムアップをしたそうです

これでやっと、ひとつ肩の荷がおりました

次は

20日のテストにむけての

サイバー用のパーツ製作を急がねば!

スポルトライツクラス

訂正事項です

レブバトルのクラスで

スポルトライツクラスはどうも

コンパクト系のクラスだそうです

と言う事は、ストリートクラスが

画像の車はクラスだそうです(残念)

エアロボンネットの効果

エアロボンネットを機能させる事柄には

熱気を抜き、ふんいき温度を下げる、吸入温度が下がる・・

ラジエータの後ろからエアーを抜く 水温が下がる・・

は一般的にご存じだと思います

もうひとつは

エンジンルーム内の正圧をぬいてやる事によって

車を持ち上げようとする力を抑える効果を出しています

ただし、基本はバンパーのダクトの大きさ、レイアウト、アンダーパネル等

によって「入る」を管理する方が先ですが

35GTRなんてあんなに大きなエンジンなのにバンパーダクトが
小さいのはさすがですね

話がそれましたが、カナードなどを追加してフロント側の接地感を

向上させようとすると同時にリフトの要因を解決するのも

接地感を向上させるひとつの方法だと思います

友人の話では高速域でのブレーキングで

ボンネットでエアーをはらんでリフトした車は

沈み込むのが少し遅れるそうです

サイバー号はその言葉をヒントに

ブレーキング時には車全体が沈み込むようにするための

ひとつの方法としてこのデザンが採用されました

09 レブバトル サイバーエボ アンダーウイング

レブバトルにむけてのスペシャルパーツを製作中です

画像はサイバー用フロントアンダーウイングの延長パーツの

型どりのようすです

レブバトルにもう一台エントリー

レブバトルは昨年までショップさんの

イベントとして行われていましたが

今年はメーカーの立場から参加出来るとの事で

ボルテックスの代表的なエアロを装着した画像の

車をオーナーさんのご協力のもと

エントリーする事にしました

クラスは「スポルトライツ」という車検に適合しているクラスで

触媒、エアコン、カーステ、〜等快適装備がそのままの

「本物のナンバー付き」のクラスです

今まではストリートクラスと言っても保安基準に収まらないものでしたが

保安基準というレギュレーションは待ち望んでいたものでした

サイバー号で開発したパーツを保安基準内にモディファイしたこのエアロは

他社エアロメーカーもよく参考にされているようでトレンドになったと思います

タイム的にはプロドライバードライブでも目標タイムは特に考えていませんが

出たタイムぐらいが現実的なユーザーさんの参考タイムになると思います

非現実的なサイバー号と合せてお楽しみ頂けたら幸いです

また、レブバトルまでのボルテックスの活動を「09レブバトル」と題して

当日の模様までを詳しくお伝えしようと思います

タイムアタック

今年は行けなかったけど来年は
またいけるように頑張らないとね

テスト走行日が決まっていました(汗)

チームサイバーでメーリングリストに流れてくる

報告の中に気がつけばテスト走行日が

決まっていました(汗)

エンジンを無理して新作にしてもらった手前

自分の所の原因で走れないのは

非常にまずい(汗)

走るのに必要なアンダーウイングは
海の向こうに送ってしまいましたので

もう完成させるしか方法がありません!

画像は2010年バージョン

風洞でテストして、更に実走行までして調子の良い

事が解っていますので、自信を持って進められますが

そうでなければとてもここまでの形状はつくれまへん

近年のGTもレギュレーションで可能な形状となって

いますが、たしかに数値の変化をみたら・・

やりたくなります

This is it

昨晩、マイケルジャクソンの映画を観てきました

あのコンサートが実現出来なくて残念だったと
思います

自分の経験から察すると完成前の
苦しさは相当なものだったと思います

でも、その苦しさはステージの一瞬のため

一緒にしたら怒られそうですが
僕たちも苦しくても

地道なテストの先にユーザーさんに楽しんで
もらえて、自分達も感動したいから・・・

良い仕事しましょう!  感謝

ボンネットの開口部

エアロボンネットに熱抜きのダクトを設けますが
その時のデザインの注意点として

場所によってはエアーが逆に入ってきたり
抜けてもその排出されたエアーと

ボンネットを沿って流れてきたエアーと干渉して
フロントガラス前で溜まってしまったり

更にはそのみだれがリヤガラスに沿うはずのエアーまで
壊していたりします

実験していると意外な現象に奥深さを感じます

注)画像のテスト時はダクトをふさいだりしていますので
  毛糸の乱れは本来の製品のものとは違います

チューニングカーはおもしろい


サイバー号のリニューアルパーツの製作を始めます

これは、仕事というよりも楽しさが先に来てしまいます

新記録が出たら最高ですがこの活動自体が面白いです

一方で忘れてはいけない嬉しさの中に

車を所有してからタイヤ、ホイール、ローダウンしたときの嬉しさなどの当たり前的な物

遅ればせながら初めて所有したエボ10でわかっているつもりでも自分が体験すると

再認識しました、普段の足に使えて速くも走れる

「基本はストリート」で「メリットがあってデメリットが少ない」

とらえ方はさまざまですが

そこを考えるのもまた、面白かったりします

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします