営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



カテゴリー : TILTON EVO

2019WTAC 3

目的がはっきりしたところで、製作作業に焦点を合わせます

まず、車両の仕様を説明しますと

基本ストックシャーシのレイアウトキープで

サブフレームも市販品と同じものを使い

サスペンションも市販品がそのまま使える仕様

そこにサイドシェルやピラーをカーボン化

要は軽量化のためのパイプフレーム化という仕様でした

 

3月の時点でのリクエストでは

「6月中旬にすべての部品をそろえてください」

という事でしたが、現実少し無理があるのと

シャーシの製作が進まないとわからない部分を進めてしまうと

2度手間になる可能性があるので、シャーシの進捗を見ながら

進める必要があるという感じでした

 

優先順位的にはピラーとルーフそれとサイドシェルを

新規で製作する必要がありました

その部分に必要な型を製作するのに純正パーツを

取り寄せして製作する予定でしたが

片側のリヤクォーターパネルが欠品中とのことで

考えた末、コックピットジールさんに車を

お借りすることにしました

 

まずは6月中旬にピラー部分が完成しました

早々にオーストラリアの車両製作ファクトリー

(トレントオートモーティブ)へ発送

サイドシェルは自分が持ち込みで行けるので

荷物が到着する日以降に航空券を手配しました

 

ただし、シャーシをパイプフレーム化しているところは

別の工場でその時点では車両はトレントファクトリーに

到着していませんが到着予定を聞いての見切り手配になってました

 

カーボンサイドシェルも完成しオーストラリアに出発したものの

残念ながらシャーシが到着しておらず

打ち合わせと作業説明だけして帰国しました

車両届いたぞ~の画像が帰国後に送られてきました

 

なかなか航空券を予約するタイミングは難しいです

それでも確認が取れてからでは遅れてしまいますので

多少のロスは覚悟で車両製作の手を止めることが無いよう

進めなければなりません

 

つづく

 

 

2019wtac 2

1からの続きでWTACまでに行う作業は見えました

そして目的をオーナーのコスタさんに聞く必要があるとこまで

お伝えしましたのでそこから

 

この辺の事は自分的には非常に大事にしているところなので

英語力がすばらしいディクセルの鈴木さんにお願いして

コスタさんにお聞きしました

 

お答えいただいた内容は現在も進行中のプロジェクトなので

控えますが結論から言うと2つの理解が得られました

 

 

「約半年の製作期間でより速い車両で今年のWTACに復活出来る事」

これが絶対条件

特に全体図の図面等の必要としない仕様にしたんだろうという事

 

 

そしてもう一つは

「今回は勝つことが目的ではなくWTACを盛り上げる役割を担っている事」

その後の計画も行いたいと考えている事でした

 

かつてチルトンチームは

「WTACで優勝し、3連覇する」

と言う目標をすでに達成していますので今は必勝と言うよりは

チューニングカーのタイムアタックを楽しむ

フェーズにあるという事を理解しました

 

素晴らしい考え方で余裕すら感じられます

弊社的にもトータル5勝していますので

十分と考えていますので考えがしっくりきます

 

その時点でお聞きしたターゲットタイムは21秒前半

これは現実可能と思いました

(大会中はもう少し上を目標にしていましたが・・)

 

そんなことで今回の目標はまず、WTACに間に合わせる

目標タイムを更新させる事、ただし順位は気にしない

 

という目標を勝手に掲げ仕事の依頼を引き受けました

つづく

 

 

 

 

 

WTAC2018TILTON号

2108wtacチルトンチームの動画がアップされています

結果は優勝&全損という結果でした👍

まぁ~コスタさんに大きな怪我が無くて何よりでした(ホッ)

また、こうやって動画にしてもらって残せていただけるのは
良い思い出になります (感謝)

またやりましょう!

Tilton Racing EVO – The Last Stand

Follow Tilton Racing, Royal Purple – Australia and the Royal Purple Oil Stars on their journey through SuperLap and World Time Attack Challenge.Motive DVD has caught many of their achievements, highlight moments and emotions over the years and put it together into an 18 minute short documentary with questions answered by Eian EJ Jones and car setup explained by Garth Walden.The video also shows Kostinken's winning lap and the heart breaking crash that ended the car's reign. Please spare some time to watch this awesome footage!#longlivetheking#oneperfectlap

RevZoneさんの投稿 2018年11月8日木曜日

完成~!

やっと完成~!

今季開発が進みローダウンフォースの
アイテムも付属されましたので

安全に注意しながら
コースによって使い分けしてください

また、フロントトレッドを広げられるように
フェンダーも追加パーツで対応しました
(少しタイヤに優しくなりました)

余談ですがたぶんストラットサスペンションでは
このへんが限界かな?
(WTACのレギュレーションではまだまだ広げられるけど)

チルトンエアロ製作再び

2015WTACでは短期間のテスト走行で大会に臨み優勝できました

しかし、自分の中では未消化の部分が多くあり課題として残っていました

今シーズン国内でGフォース号とファイヤー安藤号が走りましたので

ご迷惑をかけながらになってしまいましたが

自分の中ではだいぶ理解が進みました・・・

で、納得したところで一般的なエアロ開発に移ろうと思っていたところ

またオファーがありましたので(汗)

再度製作しています、このシリーズはあるレベル以上のチームでないと

危険ですのでこれでラスト受注になりますがしっかり製作して

目標実現のお手伝いをしたいと思います

 

2015wtac

風洞テスト終わりました

969e4c1640de21d6d862db0c351fcd10

10995278_824220814326341_6812715203158432020_n

42917f531aa4937958f246ab080b00ce

11295775_1032581600087679_1485765891528402598_n

DSC_0116

DSC_0115

IMG_3678

IMG_3682

DSC_0111

お陰様で無事今年の風洞テストが終わりました

今回はチルトンレーシングのエボのwtacの3連覇という目標の元
過去一番込み入った数値の確認を行いましたが
実働3日間では現状確認から40アイテム程度のテストしか行えず
後はKKK(経験、感、根性)でいつものようにまとめたいと思います

とは言え現行の数値からハイダウンフォース仕様の前後バランス&効率
エアーの流れの確認等が出来た事はノーヒントで行うよりは
たぶん良くなるはずですので引き続き努力したいと思います

最後にこのテストの準備段階から片付けまでたくさんの方にご協力いただきました
本当にありがとうございました

また不在中も何かとご不便をおかけして申し訳ありませんでした

風洞実験日

IMG_1910

今年も風洞実験を下記の日程で行います
5/18(月)~22(金)

今回はチルトン号wtac3連覇にむけてのテスト一点に集中します

確かめたい事がたくさんありますので、テストパーツをどれだけ用意できるか
考えただけでも大変ですが、結果はどうあれ後悔の無いように
頑張りたいと思います

お手伝い組の皆さん、日程の調整よろしくです!

Racing Passion Links Japan

10451159_905779269434580_1767473739258880139_n

https://www.youtube.com/watch?v=5TPn7U6qMOo

10407596_826892137352956_5128777260378549518_n

https://www.youtube.com/watch?v=oVgk1nXkUmM&feature=em-subs_digest

Racing Passion Links Japanは毎年日本語の字幕を付けた素晴らしい動画を
制作して頂いています

会場ではご挨拶も出来ていませんが次回は声をかけてください

ありがとうございましたm(__)m

http://www.rplinks.com/cn42/pg.storetop.html

チルトンチーム

10624707_732322036816822_5480441542322591968_nwtacの動画

優勝候補の筆頭にあがりながら結果的には

史上最少でのコースレコード更新&チャンピオンでしたが

ほんとうにあぶなく負けてしまうところでした(汗)

そのくらい連覇と言うものは目指している時よりも

いろいろむずかしいハードルがあります

ましてや次回3連覇となれば更に難しくなるようです・・

IMG_3002

今はもろもろ待ちの状態だったりしますので
せっかくなのでオートサロンにむけて記念ジャンバーを制作中です

 

 

 

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします