営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



カテゴリー : TILTON EVO

完成~!

やっと完成~!

今季開発が進みローダウンフォースの
アイテムも付属されましたので

安全に注意しながら
コースによって使い分けしてください

また、フロントトレッドを広げられるように
フェンダーも追加パーツで対応しました
(少しタイヤに優しくなりました)

余談ですがたぶんストラットサスペンションでは
このへんが限界かな?
(WTACのレギュレーションではまだまだ広げられるけど)

チルトンエアロ製作再び

2015WTACでは短期間のテスト走行で大会に臨み優勝できました

しかし、自分の中では未消化の部分が多くあり課題として残っていました

今シーズン国内でGフォース号とファイヤー安藤号が走りましたので

ご迷惑をかけながらになってしまいましたが

自分の中ではだいぶ理解が進みました・・・

で、納得したところで一般的なエアロ開発に移ろうと思っていたところ

またオファーがありましたので(汗)

再度製作しています、このシリーズはあるレベル以上のチームでないと

危険ですのでこれでラスト受注になりますがしっかり製作して

目標実現のお手伝いをしたいと思います

 

2015wtac

風洞テスト終わりました

969e4c1640de21d6d862db0c351fcd10

10995278_824220814326341_6812715203158432020_n

42917f531aa4937958f246ab080b00ce

11295775_1032581600087679_1485765891528402598_n

DSC_0116

DSC_0115

IMG_3678

IMG_3682

DSC_0111

お陰様で無事今年の風洞テストが終わりました

今回はチルトンレーシングのエボのwtacの3連覇という目標の元
過去一番込み入った数値の確認を行いましたが
実働3日間では現状確認から40アイテム程度のテストしか行えず
後はKKK(経験、感、根性)でいつものようにまとめたいと思います

とは言え現行の数値からハイダウンフォース仕様の前後バランス&効率
エアーの流れの確認等が出来た事はノーヒントで行うよりは
たぶん良くなるはずですので引き続き努力したいと思います

最後にこのテストの準備段階から片付けまでたくさんの方にご協力いただきました
本当にありがとうございました

また不在中も何かとご不便をおかけして申し訳ありませんでした

風洞実験日

IMG_1910

今年も風洞実験を下記の日程で行います
5/18(月)~22(金)

今回はチルトン号wtac3連覇にむけてのテスト一点に集中します

確かめたい事がたくさんありますので、テストパーツをどれだけ用意できるか
考えただけでも大変ですが、結果はどうあれ後悔の無いように
頑張りたいと思います

お手伝い組の皆さん、日程の調整よろしくです!

Racing Passion Links Japan

10451159_905779269434580_1767473739258880139_n

https://www.youtube.com/watch?v=5TPn7U6qMOo

10407596_826892137352956_5128777260378549518_n

https://www.youtube.com/watch?v=oVgk1nXkUmM&feature=em-subs_digest

Racing Passion Links Japanは毎年日本語の字幕を付けた素晴らしい動画を
制作して頂いています

会場ではご挨拶も出来ていませんが次回は声をかけてください

ありがとうございましたm(__)m

http://www.rplinks.com/cn42/pg.storetop.html

チルトンチーム

10624707_732322036816822_5480441542322591968_nwtacの動画

優勝候補の筆頭にあがりながら結果的には

史上最少でのコースレコード更新&チャンピオンでしたが

ほんとうにあぶなく負けてしまうところでした(汗)

そのくらい連覇と言うものは目指している時よりも

いろいろむずかしいハードルがあります

ましてや次回3連覇となれば更に難しくなるようです・・

IMG_3002

今はもろもろ待ちの状態だったりしますので
せっかくなのでオートサロンにむけて記念ジャンバーを制作中です

 

 

 

プチ祝勝会

IMG_3360

wtacで共に戦った仲間が鈴鹿に遊びに来てくれましたので
チルトン徹夜組を招集してプチ祝勝会をしました

昨年は連日ホテルにも帰れないほどのハードワークに付き合ってもらったり

今年は今年で最終日フロントアンダーウイング全交換するかどうか迷った時にも
「大丈夫手伝うよ」の言葉にギリギリの判断に勇気をもらいました

また来年に備えての打ち合わせも出来ましたので、なんとか3連覇達成したいと思います

 

結果おーらい

動画の最後にたくさんのチルトン関係者がみえます、もし
最後のアタックでエアロの問題で失敗していたらと考えると・・

考えないようにしよう

寒すぎます

良かった良かった

2014wtac

1798061_796963403679163_8504017111115766726_n

2014バージョン

581104_615684011807104_2058599931_n

2013バージョン

 

 

 

まず2014チルトン号の一年を振り返って考えますと

2013年はなにしろネモレーシングの2連勝はチューニングカーの

イベントとしてはやりすぎ感満載スペック(その時点では)で国内のメディアでは

対象外のあつかいになっていて「これは問題だな」との思いから

ストックシャーシの残るチルトン号のエアロのバージョンアップを行い

かろうじて優勝する事に貢献でき、しばらく差し戻した感を持ちました

ただ、結果が出たのは良いのですが、それでも海外勢の優勝は

「あまり興味が無いね」との結局残念な反応に少し意気消沈した一年でした

それとは逆にチルトンチームは日本のタイムアタックが好きで集まったメンバーなので

今年はもっとチューニングカーのスタイルに戻したいとの要望があり

また主催者からは2位との差がありすぎるからもう少し開発ペースを落としてくれと

冗談で言われたりで画像のように少しこじんまりまとめるようにしました

しかしイベントが始まりふたを開けてみると、自分の予想に反して

エントリーされている車のスペックがかなり進んでおり、力強さを感じました

と同時に弊社の事業領域からはみだしてしまった感があり

少しさびしくもありました、ただこれは仕方のない事で

かつて老舗チューナーさん(現在でも繁盛店)からお聞きしたお話しを思い出します

「わしらはエアコンのファンベルトをはずすのもどうかと考えるけど、

結果を求める若いチューナーはそんなこと関係ないしな」

同じ時代の変化なのでしょうね(笑)

 

で話が戻ると先ほどの「こじんまりまとめた」の裏には風洞テストでの

性能の事後確認、エンジニアの目標想定タイムなどからちゃんと走れれば

まず勝てるでしょうとの裏づけがあったのは正直なところです

 

ただ実際には変更したパーツと相乗効果が得られずにエアロに関して予想以上

ダウンフォースなどから強度不足、破損トラブル続きで次回に課題が残る

結果になってしまい、かろうじてチーム力で優勝出来た状態でした

 

来年は大会初の3連勝という大きな目標がありますので、今からでも

行動に移したい気持ちでいます

 

最後にイベント的には今回HKSさんやトップシークレットさんもエントリーされたり

アンダー君の大活躍、大魔神君のおかげで海外イベントがユーザーさんに

より身近になった事などおおいに盛り上ったことが、本当に良かったと思います

問題は事業領域からはずれてしまっている所の落としどころになりますが

結論から言うと来年でワークス活動は休止しようと思います

理由としては、

本来の事業としての開発が遅れている事

すでに5大会中4勝する事にかかわれていてもう十分貢献した感がある事

アンダー君の活躍で日本からのエントリー車が優勝争いに再び上がっていますので

「せめて弊社だけでも踏ん張らないと」の想いもはずしてもいいだろうと考えている事

 

そんな事で来年はあまりいろいろ考えずに単純に速さを求める事に集中したいと思います

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします