営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



アーカイブ : 2018年10月

SEMA2018

s2000サーキットversionⅢ完成!

SEMAショーがようやく始まりましたね

たくさんのご協力のもと何とか形になりました

今回アメリカの代理店さん(evasive)の依頼で開発したエアロです

スペック的にはトップフューエル号と同等ですが

300~500馬力位に想定したウイング等に設定してあります

こちらの車はHKS USAさんの協力のもとスーパーチャージャーで

500馬力位で走らせるようです

このショーが終わって年明けから実走行が始まります

アメリカでの活躍を楽しみにしています

また、

こちらのキットをサーキットversionⅢとしました

オプション誌等にはサーキットversionⅡと命名しましたが

昨晩考えまして、もう少し手軽なワイドフェンダーの

サーキット用キットを待っていてくれたユーザーさんが
がいるのではないかと(汗)

そんな理由で中間的なversionⅡを追加設定します

 

webオプション

webオプションさんで取り上げて頂いています

この撮影時ずっと雨が降っていて半年かけて開発したエアロを

雨の中の画像では・・と思っていたところ

ほんの数十分の晴れ間を待っていただいて

この画像が撮影して頂きました(感謝)

 

 

 

 

*画像はwebオプションより拝借m(__)m

 

 

https://option.tokyo/2018/10/26/9704/?fbclid=IwAR0sKI2PsW7Sb1sHj6MXTWncft9qs6CdPj1USJ3X-P3WbXF8qajcn8hR-SA

京都嵐山スーパーラップ&イベント

10月6,7日と京都嵐山パークウェーを借り切って

スーパーラップとイベントがあり、参加してきました

 

元々このエアロは海外の代理店(evasive)さんからの依頼で開発されたものですが

発表の場が10月末のラスベガスsemaショーの場なのでタイミング的にこちらの方が早くなってしまい

考えた末、車両を迷彩模様で必要なテスト走行とこのイベントに参加することにしました

 

 

天候は台風の影響で土曜日雨の中、峠道を走るという

とっても危ない企画ですがプロドライバーの技術により

無事に終わりました(汗)

 

翌日は何とかイベント日和となり、砂利道のエベント会場に

最も似合わない車を展示しました

そうは言っても弊社初のサーキット専用デモカーなので

気が引き締まる思いでした

ホイールはワイドフェンダーに伴って10.5jに変更され

引き続きレイズさんにお世話になりました

タイヤは今回A052を選択、これには一つの提案が込められていて

簡単に言うと

「速度差で変化する大きめのダウンフォースを楽しみながら

無理のないエンジンパワーで、一日しっかりサーキット走行が出来る」

ありそうで無かったエアロパーツの提案です

エアロの機能が加わった事で考え方も多少修正しないと

上手く走らせられませんが、決まった時のタイムの伸びしろが楽しめると

思います

 

もちろんタイムタックに使うのであればエンジンパワー、コースなどに合わせた

最適なダウンフォースをご提案可能です

 

ただ、僕的な想いはS2000が好きでサーキット走行を楽しんでいるが

そろそろいろいろな限界が見えて来た時の仕上げの一手にして頂ければと

考えています・・

また、詳しくは後日で

 

 

 

 

 

   

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします