営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



アーカイブ : 2011年7月

タイヤジャッキ2個目


時間がたりないので溶接をバイトさんにお願いしました
バイトと言っても本業がそっちなので自分より上手いです
でも残りの作業は自分でしないと、まぁ少し進みました

それに伴ってジャッキをもう一つと小さい馬を4個購入

タイムアタック準備をしながら夏なんで矢沢を聞きながら作業っす
夏の終わり

完成

完成したところを撮り忘れました
エアーでオーストラリアまで旅立ちました

これでサイバーの作業が出来るかなと思いきや
来週また、サイバーバージョンのフロント出荷がありました

ピンチ!!

この時間では

通常業務でも昼間手間取りますと簡単に午前様になってしまいます

ウイングの型の上下を合体させるカップリング工程は絶対一人で行わない事
と厳しく決めていますが、さすがにこの時間では自分一人なので

考えた方法が画像のリフトを使ってのカップリング作業

これなら正確に合わせられるので問題ナシ

「そっち側もってくれ」で済む事もこの時間ではひと手間かかります

タイヤジャッキok

上がりました意外と行けます

エボ10のノーマル車重で上がるなら
サイバー号でも問題無いでしょう
もう一つ製作しないと意味ないですが
材料はカットしてありますので組み立て&溶接は
2回目はすぐできます

これでアンダーパネルの思うところの面積を拡大できるので
空力のバランスを変えずにL/Dを向上させられる
手段が可能になりました(たぶん)
あれをしようと思えばこれをクリアしないと
「急がばまわれ」です

ん、まわりすぎ?

今日中に2個目も終わらすつもりでしたが
家族も放置ぎみでしたので今日はそちらを優先しました

ドライブ

エボ10君が走れるようになったので明け方になってしまいましたが
軽く高速道路を走って来ました

たまにはいいね

タイヤジャッキ?

超車高短車にはジャッキがかけれなかったりします
レースカーならエアージャッキの登場ですが重量増しにもなるし

チューニングカーはなかなかそうもいかないのが現実でしょう
そこで考えたのがタイヤを持ち上げるジャッキ
じつはもっとちゃんとした物をアメリカのシェラシェラというチームが使っていて
それを簡単にしたものです

まぁそれでも考えながらやっていると一日では終わらなかったので
明日はちゃんと溶接して恐る恐る車を持ち上げてみます

新品ホイル&タイヤ

風洞実験前に取材でサーキットを走った時どうも縁石に激突してホイルが歪んだたようで
気が付かず乗っていたらタイヤもパンクしてしまいました・・(だいぶにぶいです)

タイヤもちびり気味でしたのでタイヤを新調し、ホイルも一本だけ入れ替えました
風洞以降放置していたエボ10君ようやく手を入れる事が出来ました
今度こそタイヤの寿命まで使いたいものです

少しずつですが風洞以降のドタバタを回復させています

20年の眠りから覚めた

鋼材を加工するのに手軽に切断出来る方法として
プラズマカッターと言う物がありますが

弊社にはないので20年も前の事ですが
務めていた会社「ファーストモールディング」で使っていたので
尋ねたところありました、ほこりをかぶって

使えるか微妙でしたがコツコツたたいていたら
使えるようになりました

仕事


学生から社会人になってこの仕事おぼえ始めた時
見えないライバルと競争だと思った

今の自分の周りには先輩はいるけどライバルと言える人がいない
でも自分の知らない所にはきっともっと頑張っている奴が必ずいるはず

もし、何年か先そいつと出会ったとき「あいつの方が上だな」と
思う事無いように頑張ろうと、そしてめいっぱいやっていて

そのうえで負けていたのであれば素直に納得できるかなと思っていた
あれから20年以上時間が経ち、実際は個人のレベルなんて大事だけど

それだけじゃ答えが無い事が見えてきた、今ワールドタイムアタック
の事を考えるときにチームサイバーの空力担当として、協力企業として

国内外のすごいチームと同じ競技に参加するということが

あの頃の「そいつと出会ったとき」にはじめて出会えたような気がする
もちろん参加していない実力者はたくさんいますが

国内外の参加関係者のみなさんも内容の濃い時間を仕事に費やして来た
事は間違いないはず

そう考えると、これは偶然ではない、長い時間をかけて集まったんだなと思った

これはもっと頑張らないと結果以前に失礼になると思った

priusの空力

5月に行われたプリウスの風洞実験では
まず、ノーマル車両の基本データーから
計測しました

数値はまだ公表できませんが、さすがにメーカーが空力を
意識しただけあって車両価格以上の数値である事は間違いないです

ここから更に良くして行くのは数値を見ながら変更して行かないと
難しいでしょう

また画像はたくさんありますのでたまにアップして行きます

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします