営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



カテゴリー : 日記

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします

トラスト86お預かり

本日10時に到着予定という事で

前日から準備していました

というのは弊社の前の道は大型トラックが通ると

すれ違いが出来ないため、タイミングが悪いと

通行不能になる可能性があります

対策としては一度近くのコンビニで待機してもらい

迎えに行って誘導し、対面通行出来ないところまで来たら

トランシーバーで連絡し、対向車を止めてから工場前に来ていただく段取りでした

到着15分前に運転手さんから連絡が来る手はずになっていたので

トランシーバーの通話チェックをして待機していました

すると工場の扉から「こんにちはー」との声が

あれ?もしかしてトラック運転手さんですか?はい~!

そのまま来たみたいです(汗)

ありがちなお話ですが

 

 

で今回車両をお預かりさせていただく目的は立て付け確認と

取り付け説明書の資料を作るためにお借りしました

じつは車両が弊社に入るのはこれが初めてで

実に現車が無い状態での開発になっていました

これにより開発費は3倍もかかり

確認できない事から発生したロスも相当な量になりました

もし次があるとしたら方法を考えないとまずいです・・

これも勉強なので次に活かして行きたいと思います

Fuji86style with BRZ2

今年2回目のFuji86style with BRZが行われ前回同様に

トラストブースの前に展示されました

お天気も回復し、ありがたいことに予想以上の来場者が来られ

波はあるもののトラストさんブースも賑わっていました(感謝)

自分は前日に変更パーツを取り付けて当日は

あちこちフラフラしてました(笑)

連日寝不足状態でしたので3時ころ早退して

帰路につきました

 

 

 

 

当日に合わせてパンフレットも製作しました

欲しい方はお送りいたしますので下記までご連絡ください

https://www.voltex.ne.jp/contactform.html

 

GR86リヤアンダートレイ形状変更

上の画像がプロトモデル

 

こちらが形状が変更を行っているアンダートレイ

理由
当初マフラーのタイコ部分の高さ方向に避けた
アンダートレーを作りましたが
横から見た場合サイドの高さよりも下がっているのが
想像よりも気になりましたので
サイドの高さと合わせてタイコその物を
干渉しないように下面形状を変更して
20㎜程上げた物に作り直しています
実車が無い状態で進めていますので
想像以上に開発にコストがかかります(汗)

GR86ウイングベース変更

プロトモデルからの変更点
せっかく作ったのですがこの方が良さそうです😆
開発当初はセンターマウントタイプでスタートしました
普通に考えて一番素直なデザイン
その次がスワンネック、これはスバルstiと被ったため
保留になり・・
で富士のイベント前に、よりストリートっぽい物
という事でサイド止めに変更になりました
画像の変更点はもともとはやろうとしていたデザインでしたが
量産になった時に精度に不安があったので躊躇しました😅
でもそんなところで無難に収めるとやはり車につけた時に
一瞬で後悔に代わります
現在トランクパネルは入手し、精度の問題は確認しながら
作れます
まだプロトという事で変更します😆

New Type7 1550mm開発中

タイプ7.5をスケールダウンし

幅を1800mmから1550mmとし、

前後幅も380mmから320mmへスケールダウンしました

 

 

富士86

富士スピードウェイにて行われたイベントに行ってきました

下のリンクに当日の模様もオプションさんからアップされていますのでご覧ください

 

 

 

(6573) MAX織戸 と行く 新型 GR86 カスタムカー レポート その①【新作】 – YouTube

 

新年2021

新年あけましておめでとうございます

良い年にして行きましょう!

今年もよろしくお願いいたします

GRヤリス

 

ストリートからたまにサーキット走行を楽しめるための

エアロを開発します、どの辺まで行うかは状況次第の所ですが

まずは簡単な2~3点構成からスタートします

 

すでにS耐やショップ様のサーキット走行での操安を

お聞きしていますので、その辺をふまえての開発して行けば

良いと思います、楽しみます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

35GT-Rエアーディフレクター

バンパーにダクト類が付きましたので試しに遊んでみました
実走と異なると思いますが参考までに

動画の初めはエアーカーテンを塞いだ状態からスタート

予想どうりにタイヤ前でフェンダー内にエアーが入ってしまう状態です

前から見てバンパーでタイヤを隠してしまえばここまで
エアーは乱れないと思いますが、やはりタイヤは少し見えたほうがストリートカーでは似合います

そこで外観をそのままにこの部分のエアーをきれいに流す
方法がありますので開発ついでに作ってみました

実走試験で確認し、来年実車風洞で数値の確認も

したいと思っています

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします