営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



アーカイブ : 2019年

2019wtac 8

 

サーキットに到着し、エアロを取り付け

暖気の音とともに多少の緊張がありますが悪くないです

 

シェイクダウンを終えて多少のトラブルがあるようです

特に大きな問題では無さそうでしたがドライバーのガースさんの

表情はあまり良くないのでフィーリングは今一そうです

 

本来ならばカナード取り付け準備などが残っていますが

その日は早上がりさせていただきました

 

 

翌朝17日木曜日

大会前日、そろそろエアロの方も残りの作業を

完成しなければなりません

 

油圧の問題や電スロ?等トラブルが出ているようで

走行毎にアンダーウイングを取り外したりして、微妙に

忙しいですが、チームの雰囲気はいたって平和でした

 

 

これはチルトンチームの各担当間の大きな信頼感からきている物で

非常に心強いものです

 

しばらくテスト走行を重ねていくと少しずつ

バンパーの立て付けがずれて行っている気がしてきました

これは~・・すぐに思い出しました

たぶんフレームのあそこが曲がってきているなと

ピット上で見ていた須田さんもフロントアンダーウイングの

接地のしかたがおかしいと言っていたことも重なり確信しました

 

最終走行を途中で切り上げてピットに戻してもらいました

確認すると見た目ではわかりませんが

対策をしてもらう事にしました

 

チーフエンジニアのルイさんから操安を聞いていましたので

いずれにせよフレーム補強の対策後フロアーパネルの

セットアップを確認するつもりでしたので

また長い夜になりそうです(笑)

 

レースメンテ組はタイヤの下にレベルを出す台を置き

レーザーと水平器でレベル出し

先にアライメントの調整をして頂きました

 

工場に戻ったジョニーさんとトレントさんで

調整式トラスパイプを製作し、溶接機も持ち込んで

対処してもらいました

 

完了したのが日が変わる頃でしたがそこから

エアロ組の本格的な仕事が始まります・・

フロアーパネルのセットを確認すると予想どうりの

大きく数値がずれていました、ずれていたというよりは

初めて走行状態で確認したという感じです(汗)

 

何とか調整しろの範囲で収まりそうでした

センターパネルは須田、中村組で指定の寸法に調整してもらい

フロント部分は自分が行いました

 

 

バンパー回りも立て付け調整を行い、カナードまで手が

回らなかったところで朝になってしまいました

 

そのまま日が変わって18日金曜日です(汗)

大会初日ちゃんと走れるはずですが

慎重によろしくですm(__)m

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019wtac 7

大会ウイークが始まりましたので改めて日程を整理すると

11日 金曜日 日本出発

12日 土曜日 シドニー到着

13日 日曜日 トレントファクトリー作業開始

14日 月曜日 トレントファクトリー作業(車両ダイノ予定)

15日 火曜日 トレントファクトリー作業終了

16日 水曜日 シェイクダウン

17日 木曜日 大会前日

18日 金曜日 大会1日目

19日 土曜日 大会最終日

20日 日曜日 帰国

 

要はあと3日間で車を完成させなければなりません

作業開始の日曜日の朝、無精ひげで、誰だか解からない

程になっているトレントさんを見て状況を読みました

 

これは予測以上にエアロの作業時間がとれない雰囲気でしたが

今回はベストメンバーで来ていますので

なんとか走らせるところまで可能とと思いました

 

15日、夜の時点で明日は宮地さん帰国のため

空港に送らなければなりませんが翌日のシェイクダウンのため

送ることが出来ず朝4時の時点でタクシーを使って送りました

睡魔が来ていましたがメンバーに起こされ朝方には何とか

最低限走行可能なところまでやり遂げてくれました

自分は工場に残ってもう少し作業をしながら

シャーシ組の出社を待ちました

それから急いでサーキットへ行く用意をして午後ラストの

走行枠に間に合わせるようにしました

積み込み前ボルテックス組も出社し

この後サーキットへ向かいました

 

つづく

 

 

2019wtac 6

帰国後の9月24日にOwenさんと賀奈子さんの結婚式のため

日本に来ていたコスタさんとOwenさんが来社頂きました

大阪からわざわざ来ていただき、わずか15分程度の滞在で

また大阪に戻られました(感謝)

このころから画像をとる余裕がなくなり

製品等の画像はありませんが

ウイング、カーボンブラケット、リヤインナーフェンダー

突然のリクエストのカーボンパネル、前後ウインドスクリーン

カナードなどなど大急ぎで製作していました

自分的には大会ウイーク前にもう一度行って

作業したかったのですがトレントさんのリクエストは

シャーシ製作に集中させてほしいとの事でしたので

okそちらを優先してくださいと言ったものの・・

大会ウイークにギリギリ仕上げのスケジュールになりました(汗)

 

そうなると・・どうなるか?と予想しなくても分かりますが

エアロをシャーシに立て付けする時間が

極端に少ないという事です(汗)

 

当初の予定のメンバーは須田さんと自分とチビで

何とかする予定でしたが出来る気がしません・・

申し訳ないですが再度ZEEK中村さん、

そしてプロニートの宮地さんに赤紙招集しました

ただ宮地さんは大会ウイークは86レースと重なるため

途中帰国の予定です

 

これでベストメンバーのボルテックスチームが完成しましたので

大会までなんとかこぎつけようと思いました

 

 

出発前夜やっと持って行くものが完成し、残りの体力で

何とか朝までに?出発寸前?に梱包が終わりました

画像の焼きそばは出張中の食糧として用意した物ですが

出発前夜終わりが見えず

お腹がすいたのですでに食べています

 

その朝、鈴鹿ではF-1ウイークに入っており道が大渋滞

さらに大型台風が来ていて大丈夫かな?という状態でした

トレントファクトリーでは必死に作業しているようで

ギリギリ間感山盛りで

いよいよって感じでした

 

 

頑張って用意した荷物ですがミニバンに全く積める量では

無かったので、名古屋セントレアまでもう一台

軽トラックを出動しました

宮地、中村キャセイパシフィック航空で

一番融通が利きそうもないので無難な荷物を持って移動

 

須田JALにて一番確実な空輸経路なので無理無理荷物を

 

中嶋&チビはJALの便名のジェットスター(コードシェア便)

(うっかり気が付かずコードシェア便をとってしまいました)

せっかくなれて来たのに本番でやってしまいました・・

もう順調に荷物がシドニーまで行く気がしていません(汗)

 

成田では大きな荷物を一度引き取ってカートでターミナル2から

ジェットスターのあるターミナル3まで階段アリの道のりを

チビと2人で押して行きました(汗)

何とか成田を出発し、途中経由のゴールドコーストまで到着

荷物も運ばれていました(ホッ)

ここからは国内線なのでまた荷物をもって通関へ

多少引っ掛かりましたが乗り継ぎです

国内線はカンタス航空なのでチェックインすると・・

受付の人が「Go on」とか言ってます?

どうも、乗り遅れたようです(汗)

荷物の心配じゃなく人もかい!

 

 

その頃シドニーではすでに朝早く到着した須田さん

少し遅れて中村、宮地組も到着していました

予定でも2時間ほど遅れる予定でしたが更に遅れてしまいました

 

仕方なくシドニーまでの航空券を取り直し

ゴールドコーストを出発しました

国内線と言えど小さい飛行機でしたが

何とかシドニーへ到着

やはり荷物が出てきません・・

受付に行って調べてもらい、後でホテルに届ける

約束をもらいました

 

荷物はありませんが待たせているメンバーと

合流することにしました

国内線と国際線では到着出口がかなり離れているようで

歩いていける距離ではありませんでした

タクシーを使えばすぐに移動できるのですが

シャトルバスがあるはずなので探しました

もし荷物があってもまぁまぁ大変でしたね

 

 

 

やっとメンバーと合流してレンタカーを

ピックアップしようとしたところ

到着が遅れたせいか予約した車が無いようです

仕方が無いので代わりの車を用意してもらいました

ただ、予定よりだいぶ小さい車でしたので荷物と人で

ギリギリでした

 

 

ようやく出発です、時間も夕方になってしまいましたので

まずは荷物が届いても良いようにアパートメントにチェックインし

その後トレントファクトリーに挨拶だけして戻りました

 

その晩はお疲れですのでイタリアレストランで

食事をしてホテルに戻りました

荷物も到着していて管理人さんが預かってくれていました

多少珍道中しましたが何とか明日から本番スタートです

 

翌朝すでに通いなれた道をトレントファクトリーに向けて

出発しました

 

つづく

 

 

 

 

 

2019wtac 5

年明けからコツコツ作り続けていたエアロパーツを

9月10日タイミングで出荷しました

 

エアロを完成した時点でここまでずっと

お手伝いいただいていた須田さん、約一ヶ月間は

地元の仕事があるため、次回は本番寸前まで

来れなくなっていますので正直ピンチでした・・

どんどん大きな荷物が送られて来る

トレントファクトリーさんにはとても迷惑と思いながら

9月14に発送しました

 

 

次の出張も一人では無理っぽいなぁ~どうしようかな?

と考えていた時にひょっこり、会社に現れたのが

ZEEKの中村さん、

下の画像は2013年の時にチルトン号製作にもかかわって

もらっている時の物

このプロジェクトをはじめから熟知しているメンバー

そんな時に現れたら当然巻き込まれてしまい

何回目?かの出張に参加頂きました

 

今回も2人で出張なので荷物はたくさん移動できました

後から飛行機の手配をしたので上海経由でシドニーで合流

偶然荷物を積んだDHLのトラックと同時に

トレントファクトリーに到着、早速破損の確認をしました

 

到着当日は車両がインタークーラー等のパイピングで

ハイパーチューンさんにお出かけ中(予定どうり)なので

確認だけしてその日は約一週間の滞在に備えて買い出しでした

 

滞在先はトレントファクトリーとサーキットの中間にある

ペンリスと言う地名のアパートメントに一貫して滞在しました

きれいなアパートメントで人数割をすれば高くは無いです

そして、毎回同じところに泊まるという事には意味があります

慣れているオーストラリアとはいえ少し何かを変えただけで

海外遠征は不測の事態が起こるものなので

何がどこにあって何時までやっていてなど

なるべく慣れて無駄な時間や気苦労を減らし

作業に集中出来るようにしています

不器用な自分はここ一番の100分の一秒をこういう所から

削っています

 

今回は雨の日が多く、作業に影響しました

たまらず安いテントを買って対処しました

 

フロアーパネルを付けるとシャーシ側の作業が

限定されてしまいますが譲って作業させてもらいました

出張期間中ご飯の料理をコスタさんに差し入れ頂きました

夜は大量のピザをトレントさんにご馳走いただきました

まだ作業中なのですが・・

ファブリケート担当のジョニーさん

だいぶシャーシ側の作業を止めてしまいましたが

とりあえずフロアーパネルの取り付けを終了しました

その後仮で出来ているステー類などの製作し

次回までに交換すれば良いところまで進みました

次回と言っても次は大会ウイークですが・・

 

戻りが9月23日

まだ後付け出来るウイングやカナード

追加オーバーフェンダーなどはまだこれから製作ですが

次回は本番です(汗)

つづく

 

 

2019wtac 4

次に必要になる優先パーツはリヤカウルになります

シャーシにピラー&サイドシェルを立て付けするにしても

すでにリヤ周りの位置決めする物が何もない状態ですから

リヤカウルと合わせてピラーの位置決めする必要があります

2回目の荷物出荷は8月上旬とまぁまぁ時間が迫ってきました

そこからはシャーシ側の作業進捗と相談しながら

次回の出張日を決め、8月24日としました

 

今回はシャーシパネルの位置出しと言う大事な作業のため

北海道からいつも協力していただいている須田さんと

2人態勢で出張しました

ルイさんがTILTONチームのチーフ(ビックボス)

 

画像中央のコスタさん、なんとヘリで飛んで来て頂きました

 

皆さんの協力のもとなんとか

シャーシパネル系の立て付け完了しました

これでシャーシ側の作業をエアロ関係で阻害する要因は

無くなりましたので一安心です

残りは通常のエアロ立て付けとその他と言う感じです

 

とは言え本来ならそこから3人×10日程は余裕でかかる

作業量なので、シェイクダウン寸前の状況は安易に

想像できてしまいます(汗)

つづく

 

 

2019WTAC 3

目的がはっきりしたところで、製作作業に焦点を合わせます

まず、車両の仕様を説明しますと

基本ストックシャーシのレイアウトキープで

サブフレームも市販品と同じものを使い

サスペンションも市販品がそのまま使える仕様

そこにサイドシェルやピラーをカーボン化

要は軽量化のためのパイプフレーム化という仕様でした

 

3月の時点でのリクエストでは

「6月中旬にすべての部品をそろえてください」

という事でしたが、現実少し無理があるのと

シャーシの製作が進まないとわからない部分を進めてしまうと

2度手間になる可能性があるので、シャーシの進捗を見ながら

進める必要があるという感じでした

 

優先順位的にはピラーとルーフそれとサイドシェルを

新規で製作する必要がありました

その部分に必要な型を製作するのに純正パーツを

取り寄せして製作する予定でしたが

片側のリヤクォーターパネルが欠品中とのことで

考えた末、コックピットジールさんに車を

お借りすることにしました

 

まずは6月中旬にピラー部分が完成しました

早々にオーストラリアの車両製作ファクトリー

(トレントオートモーティブ)へ発送

サイドシェルは自分が持ち込みで行けるので

荷物が到着する日以降に航空券を手配しました

 

ただし、シャーシをパイプフレーム化しているところは

別の工場でその時点では車両はトレントファクトリーに

到着していませんが到着予定を聞いての見切り手配になってました

 

カーボンサイドシェルも完成しオーストラリアに出発したものの

残念ながらシャーシが到着しておらず

打ち合わせと作業説明だけして帰国しました

車両届いたぞ~の画像が帰国後に送られてきました

 

なかなか航空券を予約するタイミングは難しいです

それでも確認が取れてからでは遅れてしまいますので

多少のロスは覚悟で車両製作の手を止めることが無いよう

進めなければなりません

 

つづく

 

 

2019wtac 2

1からの続きでWTACまでに行う作業は見えました

そして目的をオーナーのコスタさんに聞く必要があるとこまで

お伝えしましたのでそこから

 

この辺の事は自分的には非常に大事にしているところなので

英語力がすばらしいディクセルの鈴木さんにお願いして

コスタさんにお聞きしました

 

お答えいただいた内容は現在も進行中のプロジェクトなので

控えますが結論から言うと2つの理解が得られました

 

 

「約半年の製作期間でより速い車両で今年のWTACに復活出来る事」

これが絶対条件

特に全体図の図面等の必要としない仕様にしたんだろうという事

 

 

そしてもう一つは

「今回は勝つことが目的ではなくWTACを盛り上げる役割を担っている事」

その後の計画も行いたいと考えている事でした

 

かつてチルトンチームは

「WTACで優勝し、3連覇する」

と言う目標をすでに達成していますので今は必勝と言うよりは

チューニングカーのタイムアタックを楽しむ

フェーズにあるという事を理解しました

 

素晴らしい考え方で余裕すら感じられます

弊社的にもトータル5勝していますので

十分と考えていますので考えがしっくりきます

 

その時点でお聞きしたターゲットタイムは21秒前半

これは現実可能と思いました

(大会中はもう少し上を目標にしていましたが・・)

 

そんなことで今回の目標はまず、WTACに間に合わせる

目標タイムを更新させる事、ただし順位は気にしない

 

という目標を勝手に掲げ仕事の依頼を引き受けました

つづく

 

 

 

 

 

2019WTAC 1

今年のWTACを振り返って何回かに分けてまとめたいと思います

 

まずは昨年破損したエボを作り直す事は2018wtac終了時点で

決定していました

 

3月初めにミーティングのためオーストラリアに行きました

その後計画がまとまったようでプロジェクトがスタートしました

 

ただし話がまとまったと言っても具体的なディメンション等の

話は聞いていませんのでエボの駆動系を変えずに出来る

最大限のスペックをとりあえず画像のように

提案だけしておくことにしました

現行TILTON EVOからの~

 

重心を下げたバージョン

 

具体的なおすすめ寸法

担当外ですがフロントサスペンションのダブルウイッシュボーン

のリクエストなど・・

 

その後しばらく時間がたち・・

5月の初めに下記の画像を頂きました

この画像からすべて今年のやるべき作業はハッキリしました

しかし作業に関してハッキリしましたが

それ以上に重要な目的がこのシャーシから見えません・・

具体的に言うと最大限のパフォーマンスを求めた

スペックでは無いので

今までのような勝つことが目的で無いのは明確でした

ここを理解せずに進めることは出来ませんので

これは直接オーナーのコスタさんに今回のプロジェクトの

目的をはっきりお聞きする必要がありました

 

つづく

 

90スープラウイング

Crownspeedlab x PRIMENYC.CO Voltex Circuit 3 Time Attack S2000 build documentary

 

 

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします