営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



アーカイブ : 2015年

今年もお世話になりました

IMG_3284

年始はカタログ製作からスタート

IMG_3290

オートサロン

10406627_527081537435158_2887262911800572345_n

素人のwtac参加をを実現した大魔神

 

AJ1Y8464lllkai

タイプ7 スワンネック一般に認知され始める

11406655_848556115223411_6319662278536257866_o

タイプ13  レース用のシングルウイング開発

 

IMG_3240kai

タイプ12 86などのアンダーパワー車用

 

10995278_824220814326341_6812715203158432020_n

オートサロンが終わってすぐに風洞テストの準備が始まる

10985914_983931338308173_8977242545633116600_n

42917f531aa4937958f246ab080b00ce

 

969e4c1640de21d6d862db0c351fcd10

チルトンのエンジニアも参加していただき

風洞試験を実施

 

 

IMG_3644

風洞テストの結果を踏まえて製品化

11692634_849249948490094_901141937827381166_n

7月のテストに向けて空輸

 

20216_10152847317275807_7629759458586731208_n

2015バージョンの立て付け

オーストラリアまで計3回のテストの参加

 

11754340_1016129418419857_8192993104893177897_opppp

 

12115857_1060432787324694_2104114023029433958_n (1)

レースウイーク突入!チーム全体で一年間必死で準備してきた

事が報われるかハラハラドキドキ

 

IMG_7398_re_w

IMG_5953_re_w

IMG_1181_w

皆さんのご協力のもとサイバーエボの2連勝を超える

wtac初の3連覇達成

IMG_4689

レースカー化してしまったイベントに

チューニングカーの意地を見せて

ボルテックス的に通算5勝達成

 

12241740_1076926675675305_7010014707335760457_n

12307327_967797073286694_4581877205525831253_o

チューニングカーエアロのデザインは「市販が前提」

のコンセプトを元にユーザーカーにフィードバックも実現

12314011_1082425275125445_7294425307942403555_n

本当は下面を改良すればここまでしなくても

と思いつつ手っ取り早くリヤのモアダウンフォース

を可能にする3エレメントウイング タイプ15市販化

 

IMG_4690

最後の最後に来年の新たなビジネス展開用ウイングを

正月休み中に仕込み(汗)

今年はここ10年やって来た事の集大成でした

 

そして本年中は至らないことばかりでご迷惑おかけしましたが

それで良いと思っているわけではありませんので

来年は「何とかする」を具体的に挑戦するスタートの年にしたいと

思っていますので何卒宜しくお願いいたします

ありがとうございました、良いお年を!!

 

 

 

 

2015wtac開発日記3

大会ウイーク中の模様は宮地さんのブログをご覧くださいよくレポートしています

IMG_7398_re_w

wtac序章

http://minkara.carview.co.jp/userid/176446/blog/36658334/

 

wtac 1

http://minkara.carview.co.jp/userid/176446/blog/36663915/

 

wtac2

http://minkara.carview.co.jp/userid/176446/blog/36668003/

 

wtac3

http://minkara.carview.co.jp/userid/176446/blog/36687140/

 

wtac4

http://minkara.carview.co.jp/userid/176446/blog/36697607/

 

wtac5

http://minkara.carview.co.jp/userid/176446/blog/36705538/

 

まとめ

過去5勝に係わらせていただいて時には0.1秒差だったり

昨年は0.04秒差だったりと毎年ほんの少しの差で勝ちぬけて来ました

基本チューニングカーのイベントだと思っていたのでやりすぎないように

毎年少しだけ勝てればいいと準備してきているものの実際は毎年危なすぎでした

でも今年はワークス活動最後の年と決めてこの「ドメインの縛り」を外しました

いわゆるレース活動モードにしました、といってもカートレースしか

自分自身は優勝経験がありませんのでその大掛かり版です

一般的な人の一生懸命努力する量はなんとなく理解しているつもりですので

そこをまず下回らないようにして・・

話がそれたようですので本題に戻すと、要はこの大会はすでに異種格闘技戦です

エアロ一つ見ても元F1デザイナーの新旧数名からCFDの専門家など

異なる業種の人が同じフィールドで競争している状態です

ルマンの結果からも分かるようにちゅうちょしたら簡単に負けてしまう世界になっているのは海外イベントの特徴です

他のライバルの成長を予想すればいわゆる今のままの延長線上に

来年のチルトン号の勝ちは無いということは一年前からわかっていますので

何をどこまで改良出来るのか?それの完成度次第ではもう2勝の可能性はあり、

その後もしくは早ければ来年FR車のみリヤにサイズの大きなタイヤの使用が認められるようになれば話は別です(憶測です)

 

いずれにしてもすでにプロクラス以外でも来年に向けて各チームの活動は始まっていますのでまた来年を楽しみにしてください

最後に偉大なドライバー、人柄の素晴らしいオーナー、そしてタイムアタックが好きで集まったチームの皆さんや弊社の仲間

応援してくれた皆さん、本当にありがとうございました  (感謝)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打ち上げ

昨日wtacの祝勝会を行いました、平日にもかかわらず

遠くは群馬、宮崎、熊本と遠くから集まっていただきました(感謝)

969e4c1640de21d6d862db0c351fcd10

11103005_985473824820591_5565006378464351144_o

風洞試験のときオーストラリアから来ていただいた

チームオーナーのコスタさんにお土産でいただいた

お酒を勝敗に関係なく打ち上げに栓を抜こうと決めていました

 

 

祝勝会でよかったです

12360129_672024342940876_5326453688598252413_n

 

 

 

 

 

 

12360048_1086585984709374_8344127769864502457_n

 

12360048_1086586028042703_1104438348121044799_n

 

12345669_1086586051376034_7846294534792570555_n

 

12075014_716458075154426_5600799057740016957_n

12311193_1086614348039871_5643697529691307477_n

2次会は近所のお店を休日のところ開けていただき

先日発売されたオプションの2015wtac版DVDを鑑賞しました

残念ながら来られなかった方や応援いただいた方、皆さんのおかげですので

どうぞお仲間内でそれぞれで祝勝会も兼ねた忘年会を行ってください!

ありがとうございましたm(__)m

 

2015wtac開発日記2

11667359_1009216815779625_2074160210517640391_n

 

20216_10152847317275807_7629759458586731208_n

11745375_1013402388694401_6049125676718102043_n

11215146_1011121538922486_3851497345248688051_n

11181211_10152849402715807_2150503508521140856_n

 

 

2014wtacが終わってすぐにやらなければならないこと以外

すべての時間と体力を使って開発を行い

7月13日に早々2015バージョンの初走行にこぎつけました

この後、大会までに2回テスト走行しましたので

計3回テスト走行しました、これは考えようによっては

ぶっつけ本番で行うことを考えたら

「待ったアリの本番みたいなもの」又は順調なら

「1大会分の熟成」に相当しますので

当たり前ですが非常に有効でした

この間にほんとギリギリトラブル&課題をクリアして

最後は各消耗品をすべてニューパーツにして

ミッションもメーカーに戻してなど徹底的なオーバーホールを

行い、エアロもリヤウイング、フロントアンダーウインなどスペアパーツをしっかり用意して

過酷な大会を計画的に行えるように準備し

大会ウイークに持ち込めました

自分的には勝てるイメージしかわいてこないのが逆に危機感でしたので

「何をしなくて負けたら後悔するか」を考えて徹底的にチームと

話し合って出来る限り課題をクリアにしてきました

 

 

 

 

 

 

オプション

IMG_4191

 

2015wtacが終わってからの楽しみの一つは
このオプションの特別付録に収録されている
DVDです

wtacでは過去6大会中5勝と圧倒的な
勝率を記録しています

思えば学生から鈴鹿にあった東京R&D(4&2輪のレース屋さん)
に就職して任された仕事で頑張っても結果が出せなくて
プロが仕事で負けることによって起こる怖さや悲しさを
たくさん体験したから今があるような気がします・・

もちろんDVDは楽しく編集されていますが
各チームのこの1年間水面下での必死の努力を
感じながらご覧になると更に

面白いと思います、ぜひぜひ

2015wtac開発日記1

10422163_888895107811797_2241332677619760456_n

2015wtacの1年間活動をふりかえって数回に分けて簡単にレポートします

何かの役に立てれば幸いです

 

2014wtacが終わってすぐにシャーシ側での開発項目も決まったので来年モデルのデザインをひたすら考えました

単純にフロント&リヤダウンフォース、を増やしたり、前後バランスは経験上自由になるので

モアダウンフォースは当然として

今年の開発テーマは

センターフロアーは形状的に変えようがないが如何に効率を上げるか?

フロントアンダーウイングの縁石タッチによる破損を構造&形状で

如何に向上させるか?

この2点、そして2015バージョンでのテスト走行出来る時間をなるべくたくさん作る

がトータルパッケージにおけるタイムアップ&タフなイベントを優勝と言う形で乗り切る方法と判断しました

 

 

IMG_3504

具体的に何を行ったかを簡単に言えばフロントアンダーウイングを少し上へあげて

縁石タッチを緩和させ、効率の落ちた分以上にダウンフォースが出るように

大型化、フルボトム時に安定した空気量がセンターフロアーに行くようにしました

さらにセンターフロアーの抜けを助けるようにリヤ形状の見直しを行いました

 

その辺のおおよその形状を数値上であらかじめ比較するには

実車風洞モデルが一番良いので

大変ですが用意することにしました

1743535_977193815648592_4867414313378065933_n

 

 

11204978_976311552403485_120593737075094497_n 11188449_977939138907393_649027882141827552_n

 

19784_978794135488560_8798863173775989776_n

10995278_824220814326341_6812715203158432020_n

18822_478348088980953_7563674269499546863_n

42917f531aa4937958f246ab080b00ce

 

IMG_3724

ウイングの組み合わせなども数パターンテストしました

 

 

IMG_3708

思いつきのアイテムが意外と効果があったり

 

 

 

969e4c1640de21d6d862db0c351fcd10

 

 

13287_10152726787395807_4528609556937295496_n

11168878_983080485059925_395809518394398517_n (1)

アドバイスと情報の共有化、信頼関係向上のため

チームのエンジニア、オーナー、ドライバー

も風洞試験に参加して頂きました

IMG_3644

結果をふまえて製品化&空輸

11692634_849249948490094_901141937827381166_n

 

10516736_1069258309753341_4860159369372083345_n

なんとか7月のテスト走行に間に合わせました

12049174_1050189001682406_8990407480634194104_n

今回は工具スペアパーツ等がコンテナ輸送出来ないので

少しずつ手荷物で運びました

11229764_1009543099080330_4401667789679300807_n

20216_10152847317275807_7629759458586731208_n

11745375_1013402388694401_6049125676718102043_n 11742974_1013402512027722_2021306033401000312_n

立て付け、テスト走行参加にあたって毎回良くして頂きました

(結果的には3回ほど)

11870718_1028501823851124_5197610820005606048_n

いよいよ実走テストが始まります

 

つづく

 

 

2015wtac

おかげさまで

12140174_990051904386673_9208627087478058478_o

チームの悲願だった3連勝が達成されました
応援頂きありがとうございました

詳しくは後日レポートします

special thanks stil motion media

おかげさまで

DSCN1317

10月になりました早いものでで創業して23年も経ったていました(汗)

今現在はいろいろ判断しなくてはいけない事がありますが
取りあえずは今月行われるwtac(タイムアタックイベント)の参加チームのサポート

そこからは国内ユーザーさんの・・  2台ほど

エアロ開発&まとめ

社内体制の整備、社員教育(自分も含めて)

などを行って行きたいと思っています

至らないところがたくさんありますが
これからもよろしくお願いいたします

オプション

IMG_4104

本日発売のオプション誌にエアロ特集が組まれています
その中に今年、wtacで3連覇を目標に風洞実験を行った
記事が掲載されています

現在10月に行われるwtacのプロジェクトは
構想~実車風洞試験~実走テストまで進んでいます

また次回のオプション誌では先日、開催サーキット
であるシドニーモーターパークでのチルトン号実走テスト
の模様なども掲載予定らしいです

多大なオプション誌のご協力の元、ただ参戦するのではなく
開発段階からストリー的にお伝えして行く努力もして
しています

結果はわかりませんが弊社の考える
チューニングカーのエアロ開発の最前線
の模様を楽しんで頂けたら幸いです

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします