営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



アーカイブ : 2012年12月

お問い合わせ

青色の車両に装着されているサイドはevasive(USA)専売品にて日本国内では
販売していません

こちらは来年カタログ掲載予定のサイドです

ウレタンスポイラー

ウレタンスポイラーは柔軟性はあるものの当たれば

FRP製同様割れてしまいます、そういえば

意外と知られていない事にウレタン製品もある程度なら修理は可能だったりします

それはこちらで成形機があるので出来る事なのですが

もしお使いの製品で(弊社製)割れ等がある方は

ご相談ください、画像確認後可能かどうか検討させて頂きます

 

隙間の時間で

いつものようにテープにて検討中

WTACではジョン君の研究テーマであったシングルウイングを優先し、どうしても間に合わなかった
スロットウイングの製作を開始です、サロンではこちらも試作品にて展示予定です

エンジンフード

マスターモデルを製作している時からアストンマーティンとヘッドライトぐらいしか似ていない物の
なんとなく雰囲気が似ていると思っていました

それやったらフードデザインはそっち方向が似合うはずと思い画像を検索

多分似合いそう、でもここに穴をあけるとフロントダウンフォースは良いけどスモークワイヤーで可視化すると
あの縦渦がとってもイヤ

前回の風洞ではあまりにダウンフォースが出るのでついついそのままにしてしまったけど、やはり
出るからこそ管理するものだなと実感・・

童夢さんではサイド排出にしていたなぁ

こんなのもアリかな?今から作るのに他と同じようでは意味ないので、

機能的にトップフューエル号に使えることも考えて
更に高級スポーツカーの雰囲気のあるデザインでまとめようと思います

オートサロンは試作品で一度様子を見ます

カタログには間に合わないね

タイヤ&ホイール

弊社デモカーs2000の&ホイールがそろいました(感謝)
鈴鹿のグリーンタイヤさんで組んでいただき

ついでに軽トラックのタイヤもスタッドレスを新調・・

まったく年内の予定が終わる気がしていません・・

空力の始まりは

エアロパーツの機能で人に喜んでもらえる事を憶えた最初の作品

今は有名ドライバーになった本山さんと金石さんに
西と東でデビューウインをして頂きました

あらためて自分は仕事に恵まれていると思います

もう少しがんばります

オートサロン

ウイングの需要も毎年少しずつ変化がありまして
大きく分けて3つに分けて考えています

車検対応品  ウイング自体の機能は落とさずにまとまり感やデザイン性の追求

サーキット用 車検対応品とタイムアタック用の両方の良い所をバランスさせたもの

タイムアタック用 機能優先、各カテゴリー&車両に適したアイテムの充実

開発していてもカタログにまだ載っていない物
今年の流れを見て加える物などの試作品を展示予定ですのでお楽しみにです

そうそうS2000もエンジンフードは作らないと格好になりませんね

本来はs2000タイムアタックエアロを開発していてひらめいた
サーキット用新提案も見て頂きたかったのですがちょっと無理なので
こちらは来年取材にてご紹介します

レブバトルを終えて

昨日はレブバトル観戦を終え、お昼にモナークで超美味しいビーフシチューを堪能し
東京で代理店さんと打ち合わせ後、鈴鹿へ戻りました

本日はお休みですが遅れた仕事を挽回するため

自分のほかに2人も出社してくれています

戻ると弊社デモカー用s2000用のホイルが届いていました(57xtreme18 9.5 40)

アタック号のモディファイ案が頭の中でクルクルまわっているのを鎮めつつ
オートサロンの準備に切り替えます

ちなみに今年も小さなブースを出展しますので会場に来られた方はぜひお寄りください
また、サーキットバージョンというエアロを装着したs2000は
オプションさんのブースに置いて頂ける事が決定しましたので
s2000でライバルにこっそり差を付けたい方はぜひご覧ください

レブバトルの

レブバトル前日筑波でテスト走行を行いました

ミッショントラブルでしたので確認程度の物になりましたが

収穫はありましたよ

オーストラリアでやりたかったけど状況的に

出来なかったエアロセットの確認でした

結果は画像からでもわかりますが

ばっちりダウンフォースがのっていますし、操安も良い方向でした

 

これで一安心と思いきや、レブバトルで断片的に聞いた

wtacのレギュレーション予定では最低地上高が50mmとか・・

最低重量2駆は950kgもチューニングカー的に無理そうだし

レギュレーション嫌いだからこの世界が好きだったのにな

めんどくさい事になりそうな予感ぷんぷんします(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

レブバトル参加かも

まだミッションや操安等が解決していませんが一応レブバトル前日にテスト走行してみよう

という話になりました、昔、レースカーは鈴鹿を速く走れる車は筑波も速いという話を聞いたことが

ありますが、僕はその逆で筑波でハイパワーカーの低中速を磨いた車を高速仕様にした時がまとまりやすいと感じています

その理由として、基準タイム、ドライバーさんの経験値が高く評価を出しやすい気がします

この車は中高速サーキット仕様ですが、今の時点では小さく正確に走れるように

するところから見て行かないと課題が正確に把握できないように思います

 

 

 

 

 

 

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします