営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



カテゴリー : 海外のチューニング

2019WTAC 12

19日大会最終日

一本目のアタックでエアロ粉砕してしまいましたので

その後は展示になりました

 

 

 

 

2019WTACを終えて

改めてこのチームの素晴らしさを感じました

わずか3日間の走行で大きなトラブルらしいことも

起こらず最終日までにはしっかりまとめていくチーム力

お互いの信頼感がすごく気持ちのいいチーム

オーナーのパーソナリティー

モータースポーツを本気を楽しむ文化

どれもが最上のワールドクラスでした

 

このイベントの名前は

ワールド タイムアタック チャレンジ

勝ち負けだけじゃないレースとは別の物

この10年があってそう思えるようになりました

ありがとうございました

 

 

2019WTAC 10

 

18日金曜日、大会初日を終えた夕方の続き

宿題のツインカナードの準備をほどほどに

その夜コスタさんから食事の招待を頂きましたので

参加してきました

楽しい食事会をいつもありがとうございます

 

徹夜でしたので一度アパートに戻りシャワーを浴びて

再度サーキットに戻って作業の続きをしたかったのですが

やはり眠すぎて12時ころまで寝ていました・・

須田さんに起こされて何とか起きましたが

なんとか車に乗ってもまだ眠気がとれないので

駐車場を出たところで再び仮眠zzz

結局2時くらいにサーキットに到着して少し焦り気味に

作業を再開しました

大した作業では無いのですが朝6時には

一度アパートに戻ってメンバーを連れてこないといけません

しかし後4時間しかありません・・

頑張りましたが朝になってしまいました(汗)

 

結局メンバーにはタクシーでサーキットまで

来てもらいました

カナードの方は取り付け完了しました

最終日の朝が始まります

 

 

つづく

 

 

 

 

2019WTAC  9

18日金曜日大会初日いよいよ始まりました

今年のwtacのルールでは同一車両でプロクラスとプロAMクラス

の2名がエントリー出来るようになりましたので

チルトンチームはプロAMクラスで昨年優勝したオーナーの

コスタさんとプロクラスはガースさんのダブルエントリーで

参戦しました

 

まずは様子見的にコスタさん朝一のアタックに出ました

まずまずのようです(ホッ)

とりあえずトップタイムのようです

 

 

プロクラスガースさんのほうは・・

まだ抑えなければならないようです

ここでシングルカナードのリクエストが出ましたので

走行の間に装着しました

油圧の問題が残っているようでしたが

問題を解決したようです!

問題が解決したところで無事一日目終了しました

 

 

ガースさんも表情が明るくなり、手ごたえをつかんだようです

明日は一発目から1コーナー全開で回ると言っているようです

えっ?・・出来てもやめてと思いました(笑)

 

最終日の朝一はツインカナードで走りたいとルイさんから

リクエストをもらっていたので、イージーと言っておきました

 

ルイさんのシュミレーションでのターゲットタイムは・・

「いやいやそんなに出ないでしょう」と言うくらいでしたが

いつも近いタイムには行くので何だか出る気がして来ました

 

いずれにせよ一息です(ホッ)

 

つづく

 

 

 

 

2019wtac 8

 

サーキットに到着し、エアロを取り付け

暖気の音とともに多少の緊張がありますが悪くないです

 

シェイクダウンを終えて多少のトラブルがあるようです

特に大きな問題では無さそうでしたがドライバーのガースさんの

表情はあまり良くないのでフィーリングは今一そうです

 

本来ならばカナード取り付け準備などが残っていますが

その日は早上がりさせていただきました

 

 

翌朝17日木曜日

大会前日、そろそろエアロの方も残りの作業を

完成しなければなりません

 

油圧の問題や電スロ?等トラブルが出ているようで

走行毎にアンダーウイングを取り外したりして、微妙に

忙しいですが、チームの雰囲気はいたって平和でした

 

 

これはチルトンチームの各担当間の大きな信頼感からきている物で

非常に心強いものです

 

しばらくテスト走行を重ねていくと少しずつ

バンパーの立て付けがずれて行っている気がしてきました

これは~・・すぐに思い出しました

たぶんフレームのあそこが曲がってきているなと

ピット上で見ていた須田さんもフロントアンダーウイングの

接地のしかたがおかしいと言っていたことも重なり確信しました

 

最終走行を途中で切り上げてピットに戻してもらいました

確認すると見た目ではわかりませんが

対策をしてもらう事にしました

 

チーフエンジニアのルイさんから操安を聞いていましたので

いずれにせよフレーム補強の対策後フロアーパネルの

セットアップを確認するつもりでしたので

また長い夜になりそうです(笑)

 

レースメンテ組はタイヤの下にレベルを出す台を置き

レーザーと水平器でレベル出し

先にアライメントの調整をして頂きました

 

工場に戻ったジョニーさんとトレントさんで

調整式トラスパイプを製作し、溶接機も持ち込んで

対処してもらいました

 

完了したのが日が変わる頃でしたがそこから

エアロ組の本格的な仕事が始まります・・

フロアーパネルのセットを確認すると予想どうりの

大きく数値がずれていました、ずれていたというよりは

初めて走行状態で確認したという感じです(汗)

 

何とか調整しろの範囲で収まりそうでした

センターパネルは須田、中村組で指定の寸法に調整してもらい

フロント部分は自分が行いました

 

 

バンパー回りも立て付け調整を行い、カナードまで手が

回らなかったところで朝になってしまいました

 

そのまま日が変わって18日金曜日です(汗)

大会初日ちゃんと走れるはずですが

慎重によろしくですm(__)m

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019wtac 5

年明けからコツコツ作り続けていたエアロパーツを

9月10日タイミングで出荷しました

 

エアロを完成した時点でここまでずっと

お手伝いいただいていた須田さん、約一ヶ月間は

地元の仕事があるため、次回は本番寸前まで

来れなくなっていますので正直ピンチでした・・

どんどん大きな荷物が送られて来る

トレントファクトリーさんにはとても迷惑と思いながら

9月14に発送しました

 

 

次の出張も一人では無理っぽいなぁ~どうしようかな?

と考えていた時にひょっこり、会社に現れたのが

ZEEKの中村さん、

下の画像は2013年の時にチルトン号製作にもかかわって

もらっている時の物

このプロジェクトをはじめから熟知しているメンバー

そんな時に現れたら当然巻き込まれてしまい

何回目?かの出張に参加頂きました

 

今回も2人で出張なので荷物はたくさん移動できました

後から飛行機の手配をしたので上海経由でシドニーで合流

偶然荷物を積んだDHLのトラックと同時に

トレントファクトリーに到着、早速破損の確認をしました

 

到着当日は車両がインタークーラー等のパイピングで

ハイパーチューンさんにお出かけ中(予定どうり)なので

確認だけしてその日は約一週間の滞在に備えて買い出しでした

 

滞在先はトレントファクトリーとサーキットの中間にある

ペンリスと言う地名のアパートメントに一貫して滞在しました

きれいなアパートメントで人数割をすれば高くは無いです

そして、毎回同じところに泊まるという事には意味があります

慣れているオーストラリアとはいえ少し何かを変えただけで

海外遠征は不測の事態が起こるものなので

何がどこにあって何時までやっていてなど

なるべく慣れて無駄な時間や気苦労を減らし

作業に集中出来るようにしています

不器用な自分はここ一番の100分の一秒をこういう所から

削っています

 

今回は雨の日が多く、作業に影響しました

たまらず安いテントを買って対処しました

 

フロアーパネルを付けるとシャーシ側の作業が

限定されてしまいますが譲って作業させてもらいました

出張期間中ご飯の料理をコスタさんに差し入れ頂きました

夜は大量のピザをトレントさんにご馳走いただきました

まだ作業中なのですが・・

ファブリケート担当のジョニーさん

だいぶシャーシ側の作業を止めてしまいましたが

とりあえずフロアーパネルの取り付けを終了しました

その後仮で出来ているステー類などの製作し

次回までに交換すれば良いところまで進みました

次回と言っても次は大会ウイークですが・・

 

戻りが9月23日

まだ後付け出来るウイングやカナード

追加オーバーフェンダーなどはまだこれから製作ですが

次回は本番です(汗)

つづく

 

 

2019wtac 4

次に必要になる優先パーツはリヤカウルになります

シャーシにピラー&サイドシェルを立て付けするにしても

すでにリヤ周りの位置決めする物が何もない状態ですから

リヤカウルと合わせてピラーの位置決めする必要があります

2回目の荷物出荷は8月上旬とまぁまぁ時間が迫ってきました

そこからはシャーシ側の作業進捗と相談しながら

次回の出張日を決め、8月24日としました

 

今回はシャーシパネルの位置出しと言う大事な作業のため

北海道からいつも協力していただいている須田さんと

2人態勢で出張しました

ルイさんがTILTONチームのチーフ(ビックボス)

 

画像中央のコスタさん、なんとヘリで飛んで来て頂きました

 

皆さんの協力のもとなんとか

シャーシパネル系の立て付け完了しました

これでシャーシ側の作業をエアロ関係で阻害する要因は

無くなりましたので一安心です

残りは通常のエアロ立て付けとその他と言う感じです

 

とは言え本来ならそこから3人×10日程は余裕でかかる

作業量なので、シェイクダウン寸前の状況は安易に

想像できてしまいます(汗)

つづく

 

 

2019WTAC 3

目的がはっきりしたところで、製作作業に焦点を合わせます

まず、車両の仕様を説明しますと

基本ストックシャーシのレイアウトキープで

サブフレームも市販品と同じものを使い

サスペンションも市販品がそのまま使える仕様

そこにサイドシェルやピラーをカーボン化

要は軽量化のためのパイプフレーム化という仕様でした

 

3月の時点でのリクエストでは

「6月中旬にすべての部品をそろえてください」

という事でしたが、現実少し無理があるのと

シャーシの製作が進まないとわからない部分を進めてしまうと

2度手間になる可能性があるので、シャーシの進捗を見ながら

進める必要があるという感じでした

 

優先順位的にはピラーとルーフそれとサイドシェルを

新規で製作する必要がありました

その部分に必要な型を製作するのに純正パーツを

取り寄せして製作する予定でしたが

片側のリヤクォーターパネルが欠品中とのことで

考えた末、コックピットジールさんに車を

お借りすることにしました

 

まずは6月中旬にピラー部分が完成しました

早々にオーストラリアの車両製作ファクトリー

(トレントオートモーティブ)へ発送

サイドシェルは自分が持ち込みで行けるので

荷物が到着する日以降に航空券を手配しました

 

ただし、シャーシをパイプフレーム化しているところは

別の工場でその時点では車両はトレントファクトリーに

到着していませんが到着予定を聞いての見切り手配になってました

 

カーボンサイドシェルも完成しオーストラリアに出発したものの

残念ながらシャーシが到着しておらず

打ち合わせと作業説明だけして帰国しました

車両届いたぞ~の画像が帰国後に送られてきました

 

なかなか航空券を予約するタイミングは難しいです

それでも確認が取れてからでは遅れてしまいますので

多少のロスは覚悟で車両製作の手を止めることが無いよう

進めなければなりません

 

つづく

 

 

Crownspeedlab x PRIMENYC.CO Voltex Circuit 3 Time Attack S2000 build documentary

 

 

WTAC2018TILTON号

2108wtacチルトンチームの動画がアップされています

結果は優勝&全損という結果でした👍

まぁ~コスタさんに大きな怪我が無くて何よりでした(ホッ)

また、こうやって動画にしてもらって残せていただけるのは
良い思い出になります (感謝)

またやりましょう!

Tilton Racing EVO – The Last Stand

Follow Tilton Racing, Royal Purple – Australia and the Royal Purple Oil Stars on their journey through SuperLap and World Time Attack Challenge.Motive DVD has caught many of their achievements, highlight moments and emotions over the years and put it together into an 18 minute short documentary with questions answered by Eian EJ Jones and car setup explained by Garth Walden.The video also shows Kostinken's winning lap and the heart breaking crash that ended the car's reign. Please spare some time to watch this awesome footage!#longlivetheking#oneperfectlap

RevZoneさんの投稿 2018年11月8日木曜日

s2000サーキットバージョン2

こちらの開発がいよいよ始まりました

元々はトップフューエル号で開発されハイエンドエアロがベースになっています、その開発過程でドライサンプ化
やミッションの変更等シャーシ側で多くの対策が行われ
トップフューエルさんの努力を見て来たところの判断で今回の仕様はその手前で使える物を考えています(要確認します)

ベーススペックはラジアルタイヤ&300馬力弱で
熱の問題や部品の強度等を考慮し、壊れにくく、

空力ドライビングの周回走行を楽しめる
ように考えています

製品はドライカーボン以外の成型方法も駆使して
なるべくコスト的に抑えてキット化の予定です

国内外にはs2000を知り尽くしているショップさんが
多数存在しますので、エンジンやシャーシメンテナンスを
心配なく、ユーザーさんに提供できると思いますので

サスペンションセットに空力セットをプラスした
ドライビングの面白さを楽しんでいただけたらと思います

試作の完成は7月末予定でこれは海外代理店さんに2台ほど発送、その後国内でも弊社デモカーを製作し、10月ごろから

テスト走行を数回行った後、オートサロンで展示予定です
(おそらく年間20セット位で製作が限界のように思います)

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします