営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



カテゴリー : インフォメーション

2020オートサロンは

オートサロンの申し込みを考える時期になりました
結論から言いますと

来年のオートサロンは出展しないことにしています

理由としては、現在進行中のTILTONエボを10月の
大会終了まで開発の中心に置いている事

その後、年内新型スープラを風洞テストによる初期測定を
予定しており

更にS2000の実走テスト、やりかけのエアロ開発
その他いろいろ(汗)

無理すれば・・と思いましたが弊社しか出来ない(やらない?)
事を優先します

来年しっかり準備して2021年の計画にしますm(__)m

消費税額変更について

 

現在ウイングの納期が9月下旬となっています

このまま受注を頂いていますと来月、6月前半には

納期が10月以降となり、納品時には消費税額が

変更後と予測されます

 

そこで弊社としましては6月中にオーダー頂いた分については

現行の消費税8%での金額で請求させていただき

7月より10月以降の納期の商品に関しては10%の消費税を

適用させていただきます

 

ご理解、ご検討よろしくお願いいたします

 

 

タイムアタック車両のタイヤ空気圧と耐荷重の限界

Gフォースさんの昨年アタック鈴鹿の走行中のタイヤの動きを
動画に収めています

注目ポイントはストレート走行時のタイヤショルダー部のウェーブ状態です
ちなみに空気圧は温間2.7キロに設定していて、その後の検査でもタイヤは問題ない状態との事です

Gフォース号はすでに速度によってはフロント輪荷重が1000kgを超えていますのでこれ以下の空気圧では
より激しくウェーブしてタイヤがバーストします

毎年オーストラリアで行われるWTACのプロクラスでは、非常に高いレベルで各チームが対策と管理を行っています

空気圧管理以外で対策例では

ストローク時のキャンバー変化を少なくしてタイヤを立てに使う(サスペンション構造対策)

ストレートのダウンフォースを抑えるようにレーキ(前傾姿勢)を変化させるセット

などがあります

余談ですが重量配分の良い車は空力の重心(COP)もセンター付近に持って行けますので4つのタイヤを限界付近で
使えますので有利ですね

流石にこの辺まで来るとエボのようなフロントよりの重量配分でCOPも前よりになっている車にはつらくなってきます
それでもあきらめないチームは更にフロントトレッドを広げその分、フロントダウンフォースを少し下げ、
レーキの変化を調整してバネレートをインフィールドに最適な方向に調整するなどして頑張っています

話がそれましたがお伝えしたい事は

050は非常に優れたタイヤですが基本はジムカーナ用のタイヤですのでアタック専用のタイヤではありません
くれぐれも限界を超えないように
マージンをとってサーキット走行をしてください

という事です今シーズン真っ只中と思いますがご注意いただけたらと思います

https://www.youtube.com/watch?v=y1BjkijqNSE

Gフォースさん画像の許可ありがとうございますm(__)m

今年もよろしくお願いします

今年もよろしくお願いいたします!

タイムアタックシーズン

タイムアタックシーズン真っ最中ですね
毎年車の性能も上がってきていると思います

それと同時にも各部の疲労の蓄積が増えてくるのは
エアロパーツも同様です、エアロパーツもこまめな点検をお願いします

ポイントとしてはウイングならリベットの浮きや
合わせ目にクラックが入っていないか?

エンドプレートのネジは締まっているか(締めすぎにも注意)
専用ベースのクラック(塗装の劣化も)点検してみてください

また、サーキット走行している車両は基本毎年少しづつエアロ的にはモアダウンフォース
方向にしたい気持ちがあると思いますのでその際はお気軽にご相談ください

スペックやご希望に最適と思われる方法をご提案させていただきます
年々製作時に各部の強度は増す方向にしていますが、やはり
使い方を間違えると破損にもつながりますのでご注意ください

なるべく長くお使いいただくためにもこまめな点検と確認をお願いいたします

SEMA2018

s2000サーキットversionⅢ完成!

SEMAショーがようやく始まりましたね

たくさんのご協力のもと何とか形になりました

今回アメリカの代理店さん(evasive)の依頼で開発したエアロです

スペック的にはトップフューエル号と同等ですが

300~500馬力位に想定したウイング等に設定してあります

こちらの車はHKS USAさんの協力のもとスーパーチャージャーで

500馬力位で走らせるようです

このショーが終わって年明けから実走行が始まります

アメリカでの活躍を楽しみにしています

また、

こちらのキットをサーキットversionⅢとしました

オプション誌等にはサーキットversionⅡと命名しましたが

昨晩考えまして、もう少し手軽なワイドフェンダーの

サーキット用キットを待っていてくれたユーザーさんが
がいるのではないかと(汗)

そんな理由で中間的なversionⅡを追加設定します

 

オプション500号記念

オプション500号おめでとうございますm(__)m

このような記念すべき特別号に風洞実験の取材記事を掲載頂きありがとうございます

 

紙面には86最高速記録を持つオートクラフトさんのデモカーに

ご協力いただき、そのテスト状況のレポート

DVDではGT-Rの現状把握と弊社のエアロ開発の模様が収録されています

 

 

 

35GT-R

開発途中ですがcarview.yahoo/newさんに取り上げて頂きました

9月のR’sミーティング富士に出展予定です

 

 

https://carview.yahoo.co.jp/news/goods/20180603-10315149-carview/?mode=full

s2000サーキットバージョン2

こちらの開発がいよいよ始まりました

元々はトップフューエル号で開発されハイエンドエアロがベースになっています、その開発過程でドライサンプ化
やミッションの変更等シャーシ側で多くの対策が行われ
トップフューエルさんの努力を見て来たところの判断で今回の仕様はその手前で使える物を考えています(要確認します)

ベーススペックはラジアルタイヤ&300馬力弱で
熱の問題や部品の強度等を考慮し、壊れにくく、

空力ドライビングの周回走行を楽しめる
ように考えています

製品はドライカーボン以外の成型方法も駆使して
なるべくコスト的に抑えてキット化の予定です

国内外にはs2000を知り尽くしているショップさんが
多数存在しますので、エンジンやシャーシメンテナンスを
心配なく、ユーザーさんに提供できると思いますので

サスペンションセットに空力セットをプラスした
ドライビングの面白さを楽しんでいただけたらと思います

試作の完成は7月末予定でこれは海外代理店さんに2台ほど発送、その後国内でも弊社デモカーを製作し、10月ごろから

テスト走行を数回行った後、オートサロンで展示予定です
(おそらく年間20セット位で製作が限界のように思います)

s2000サーキットバージョン2完成予想図

まだ年末からのGT-Rも完成していませんが
次の開発画像は出来上がりました

現在s2000のエアロの設定は
ストリートバージョン、サーキットバージョンとありますが

ワイドフェンダーやエンジンフードなど未完成であったため

実績の取れているトップフューエル号のエアロをもとに
300馬力前後のエアロ設定に変更した

サーキットバージョン2を製作します

コースレコード狙いのエアロというよりは
緻密にセットしてエアロの効果を楽しみながら走れる

車に仕上げたいユーザーさんにはおすすめかもしれません

完成はまだ先ですが気にはしておいてくださいね

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします