営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



New 35GT-Rエアーディフレクター

バンパーにダクト類が付きましたので試しに遊んでみました
実走と異なると思いますが参考までに

動画の初めはエアーカーテンを塞いだ状態からスタート

予想どうりにタイヤ前でフェンダー内にエアーが入ってしまう状態です

前から見てバンパーでタイヤを隠してしまえばここまで
エアーは乱れないと思いますが、やはりタイヤは少し見えたほうがストリートカーでは似合います

そこで外観をそのままにこの部分のエアーをきれいに流す
方法がありますので開発ついでに作ってみました

実走試験で確認し、来年実車風洞で数値の確認も

したいと思っています

35GT-R

35GT‐Rサンプルバンパー型から抜けました

引き続き作業を進めますm(__)m

 

 

 

 

 

牽引フックのフタ

牽引フックのフタを作る作業してました

3枚の牽引フックのフタがあります

左から1枚目(カットもしていない物)は
フタが付けられるようにバンパーを加工して行くと
残念なことに牽引フックの位置とずれていることが判明しました、あらかじめフタを製作しましたが使えなくなった物

2枚目のフタは一度バンパーを元の形に復元し
再び位置を修正してフタを取り付けてみる

想定内ですがFRP製品の特性上変形して
が少しピッタリ来ません

型を変形分+α修正します
修正した型と2枚目のフタとの形状差です

3枚目のフタは修正した型から製作した物
5の画像は修正した型から製作したフタと型の形状差

6の画像は修正後のフタを立て付けた物
緑のテープで抑える程度で収まる程ピッタリ立て付け出来ました

エアロ製作にデジタル技術が進んでも今のところ最後は人の差がこんなところに出てきますね

Ⅿ2 GTウイング

最近お問い合わせの多いⅯ2のウイング開発を行います

まずはトランク形状から調べて行きます

スープラType12.5 1520mm

オートクラフト様より装着画像を頂きました

ありがとうございます

 

 

https://ameblo.jp/auto-craft-kyoto/image-12581919876-14727503065.html

90スープラ type12.5 (1520mm)

 

S2バージョン3

サーキット用のエアロを付けたチューニングカー

が公道で走行&撮影

*許可を取って撮影しています

35GT‐R

画像は試作エアロ、全体の雰囲気は出ていると思っていますが

スポイラー先端部分が少し気になって商品化を遅らせていました

 

製品化に向けて気になっていたところを変更しています

イメージがまとまってきました

Type12B 1390mm

今回のリクエストはユーノスに保安基準内にしっかり収まる
ウイングを作ってほしいです

デザイン的に優れているユーノスなのですが
ウイングを付ける場合にリヤバンパーの極端な絞り込みが
保安基準内のウイングであってもガッツリバンパーから
はみ出してしまいます・・

最初は簡単に考えていましたが既存のウイングでは
収まらないので新規で作ることにしました

それでもなかなか納める形にするのが難しかったです
デザイン的にも少し優しい感じにして、車となじみやすい
ようにしました

取り付け方法はセンターマウントかスワンネックタイプが
似合いそうですが
意外と低い位置にするのもアリかもしれません

カナダGRスープラ

Type7.5SN 1700mm

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします