営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



2012wtac公式練習日

今さらながら続きを・・


初走行の仕様はエアロ系は前後ハイダウンフォースセット、車高は想定よりも高め
スプリングはフジのテストの続きから

さらに寸前で車高を上げるリクエストをしました、これは2か所路面がうねっている所があるので
慎重にセットを詰めていくための配慮でした

タイヤから判断すればストロークを使う方がセオリーでしょうがそれではそれなりにしかまとまりませんので下面のダウンフォースを使う方法にチャレンジです

 

で、初走行で心配だった1コーナーイン側のギャップはスムーズに越えられているのか

最終ピットの所まで見に行きました

最終コーナーから出て来たトップフューエル号

ドライバーの谷口さん、1周目にしてはかなり踏んでいます(汗)

車高が高くてかっこ悪いですがストレートの姿勢は悪くなさそうです

しかし、1コーナークリップ付近で下面が「ガツン」と当たっています

サスペンションが「スコン」と入ってしまい

いなす気配がまったくありません・・

これ以上車高を上げると作ってきたアンダーパネルの跳ね上げ角度では

効果が半減どころではなくなってしまいます

かと言ってきゃしゃなサスペンションをパッカーで規制して良い物なのか

まだ不安があります

ピットに戻ってきてやはりその辺の対策を要求しています

とりあえず出来る事はバネレートを上げて車高を上げるのが

安全なので走れる方向のセットにしました・・

 

後日あの時どう判断すれば良かったのかずっと考えていました

そして今の答えとしては

 

「1コーナーを捨てる」です

 

たった一つのコーナーをクリアするために全体のパフォーマンスを

落とすのであればタイムが落ちてもラインを変えるか進入スピードを落とすかして

その分インフィールドを速く走れるセットの方が正解だったように思います

 

 

 

今までエボでは空力重視のためハンドルにキックバックが来るぐらいの操安を

普通に山田さんに乗って頂いていたのをあたりまえに考えいた

つけがまわってきたようです

いろいろ足りていない感、満載ですが一日目無事終了です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします