営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



アーカイブ : 2011年4月

2011WTAC

去年の今頃はオーストラリアイースタンクリークを走っているレースカーの動画を何十回の観て

イメージを沸かせてエアロの方向性を考えました

今年はこれがあるので良いです

この画像に張り付いているGサークルを見て頂くと

高速1コーナーで最大Gが出ています、とゆうことはようやくエアロパーツが

バランスを保つ装備からコーナーリングを高められる装備へと進歩した感触です

また、車高もフジでテストした感じから割り出した高さでしたが

そこそこ当たりだったように思います

しかし山田さん、エンジントラブルで全開走行していないのに

よく攻めてくれました、それもぶっちぎりのコースレコードで、流石です

今回もアンリミさん、いろいろ優先順位からバージョンアップまで考えているようなので

自分のところも励みになります、連休中一度会議形式(雑談なし)で話を詰めたいと思います

ルマン・カー

これはBMWのルマンを走っていた車のフロントアンダーウイングです

300キロオーバーで24時間走り続けるエアロだけあってしっかり出来ています

両サイドがめずらしい形をしていますがやはり跳ね上げ角度は15度でした

擦れるところには圧縮ベニヤが使われており滑りと耐摩耗性がよさそうです

何年か前に友人が持って来た物で久しぶりに眺めています

ツインカナード

Lサイズカナードを使ってミニサイバーバージョンを製作中

ツインになると立てつけも二乗で難しくなります

ストリートはウレタンカナードがベストですが

サーキット専用ならこれぐらいあってもエボはやりすぎにならないほど

フロントタイヤが面圧を欲しがっています

お客さんの気持ち

弊社の場合製造メーカーなので、お客様はエンドユーザーさんはもちろんの事

ショップさんもお客様になります、そのショップさんの気持ちを体験出来るのが

ユーザーさんの車をお預かりして作業するときです

ある意味一発本番の場面では緊張するもの

そうゆう場面で自分で作った部品を組み付けていると、また気が付くものが

たくさん出てきます

ショップ業はとても出来ませんが、相手の立場で考えられる

モノづくり、大変ですがここ大事ですね

コンプレッサーの水

 

工場には何処にでもあるコンプレッサー

ですがタンク内の水を定期的に排出しないと

エアーに水が混じり製品や使用工具にトラブルが出ます

新しい型のオートドレン付のコンプレッサーなら問題ないのですが

そうそう壊れる物では無いため年代物の品をそのまま使っています

 

今まで弊社では常時少量のエアーを解放しながらタンク内に

水が溜まらないようにしていましたが

何かあるはずと思って工具屋さんに探して頂いたのが画像の後付けオートドレン

(気が付くの遅い)

解放時間と間隔が調整できてスッキリ

油断はしませんが、これで一つ工場から「注意する」が減りました

今後の予定

S2000の変更

フロントスポイラー部分とアンダーウイングのを見直

ストリート、サーキット用の2パターンを組み合わせにて行えるようにする、カナードも追加

サイドは全面作り直し

5月の風洞で計測

LAエバーシブへ送る

5月23~27日風洞試験プリウスノーマル~

サイバー号の世界大会準備

5月GW中ミーティングにて打ち合わせ

5月風洞にてL/Dの改良

軽量化、エアロの改良

5,6月テスト走行

6月末オーストラリアむけコンテナ入り

                                    8月初旬遠征

8月まではこんな感じです

新規ブログ

ミンカラからこちらへ移動しました

気持ちも新たによろしくお願い致します

dekita

いや~出来ました

10トントラック満載117箱・・

弊社スタッフ良く頑張ってくれました (感謝)

これでやっと4ヶ月分の商品が出荷出来て収支がバランス出来るかな?

サンドブラスト

ドライカーボンやウレタン小物の下地処理にサンドブラスト購入

ガンタイプの物はあったんですが顔に飛んできてメッチャ痛かったので
これは良いです

作業に集中していますのでご無沙汰気味ですみません

追い込み

過去最大の海外分の出荷の追い込み中です
予定では3月中に終わっていなければいけない仕事でしたが

後れを取り戻すのにスタッフ一同文句も言わず頑張ってくれています  (感謝)

ウイングも最終組み立ては僕の担当で

通常業務のほかにトータル40本以上あります・・

つづけて作業していると頭の回転も多少良くなってきますので
レベル的には高く作業が進みます

国内の先の見通しが悪い中、海外注文はありがたく

日本全体から見たら超少額ですがこのような時
外貨を国内に入れられる事は良い事だと思います

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします