営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



カテゴリー : WTAC

New 2019wtac 8

サーキットに到着し、エアロを取り付け

暖気の音とともに多少の緊張がありますが悪くないです

 

シェイクダウンを終えて多少のトラブルがあるようです

特に大きな問題では無さそうでしたがドライバーのガースさんの

表情はあまり良くないのでフィーリングは今一そうです

本来ならばカナード取り付けなどが残っていますが

その日は早上がりさせていただきました

 

 

翌朝17日木曜日

大会前日、そろそろエアロの方も残りの作業を

完成しなければなりません

油圧の問題や電スロ?等トラブルが出ているようで

走行毎にアンダーウイングを取り外したりして、微妙に

忙しいですが、チームの雰囲気はいたって平和でした

 

 

これはチルトンチームの各担当間の大きな信頼感からきている物で

非常に心強いものです

 

しばらくテスト走行を重ねていくと少しずつ

バンパーの立て付けがずれて行っている気がしてきました

これは~・・すぐに思い出しました

たぶんフレームのあそこが曲がってきているなと

ピット上で見ていた須田さんもフロントアンダーウイングの

接地のしかたがおかしいと言っていたことも重なり確信しました

 

最終走行を途中で切り上げてピットに戻してもらいました

確認すると見た目ではわかりませんが

対策をしてもらう事にしました

 

チーフエンジニアのルイさんから操安を聞いていましたので

いずれにせよフレーム補強の対策後フロアーパネルの

セットアップを確認するつもりでしたので

また長い夜になりそうです(笑)

 

レースメンテ組はタイヤの下にレベルを出す台を置き

レーザーと水平器でレベル出し

先にアライメントの調整をして頂きました

 

工場に戻ったジョニーさんとトレントさんで

調整式トラスパイプを製作し、溶接機も持ち込んで

対処してもらいました

 

完了したのが日が変わる頃でしたがそこから

エアロ組の本格的な仕事が始まります・・

フロアーパネルのセットを確認すると予想どうりの

大きく数値がずれていました、ずれていたというよりは

初めて走行状態で確認したという感じです(汗)

 

何とか調整しろの範囲で収まりそうでした

センターパネルは須田、中村組で指定の寸法に調整してもらい

フロント部分は自分が行いました

 

バンパー回りも立て付け調整を行い、カナードまで手が

回らなかったところで朝になってしまいました

 

今日は日が変わって18日金曜日です

大会初日ちゃんと走れるはずですが

慎重によろしくですm(__)m

 

つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完成~!

やっと完成~!

今季開発が進みローダウンフォースの
アイテムも付属されましたので

安全に注意しながら
コースによって使い分けしてください

また、フロントトレッドを広げられるように
フェンダーも追加パーツで対応しました
(少しタイヤに優しくなりました)

余談ですがたぶんストラットサスペンションでは
このへんが限界かな?
(WTACのレギュレーションではまだまだ広げられるけど)

   

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします