営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



カテゴリー : チューニングカー

FK-8シビック専用ウイング

FK-8

タイプ2 1600mm

専用ベース、ブラケット225ー0

エンドプレートB

 

(保安基準サイズ)

例 タイプ2 1545mm

 

完成~!

やっと完成~!

今季開発が進みローダウンフォースの
アイテムも付属されましたので

安全に注意しながら
コースによって使い分けしてください

また、フロントトレッドを広げられるように
フェンダーも追加パーツで対応しました
(少しタイヤに優しくなりました)

余談ですがたぶんストラットサスペンションでは
このへんが限界かな?
(WTACのレギュレーションではまだまだ広げられるけど)

チルトンエアロ製作再び

2015WTACでは短期間のテスト走行で大会に臨み優勝できました

しかし、自分の中では未消化の部分が多くあり課題として残っていました

今シーズン国内でGフォース号とファイヤー安藤号が走りましたので

ご迷惑をかけながらになってしまいましたが

自分の中ではだいぶ理解が進みました・・・

で、納得したところで一般的なエアロ開発に移ろうと思っていたところ

またオファーがありましたので(汗)

再度製作しています、このシリーズはあるレベル以上のチームでないと

危険ですのでこれでラスト受注になりますがしっかり製作して

目標実現のお手伝いをしたいと思います

 

Gフォース号修理&高速サーキット仕様②

 

あと、2日間の作業時間があります

カーボンドアと言うかパネルは仕上げ途中でしたので

本日、宮地さん投入して積雪の中、横浜まで取りに行って頂きました

破損したカウルは塗装まで完成

 

今回のメインテーマのダウンフォースの調整をどうしようか

考えて・・

ダウンフォースリダクションボックスを製作することに

 

ヒントはこのイベントに採用したアイテムを

思い出して決定しました

 

https://www.youtube.com/watch?v=NtTR8gGP-o8

Gフォース号修理&高速サーキット仕様①

今週末に行われるHKSプレミアムデーに参加の

Gフォース号の修理と高速サーキット仕様への

変更を行っています

2015WTACチルトン号では

スプリングレートと空気圧で

ハイダウンフォースを使っていましたが

走行条件がタイトすぎるため

そこから一歩進んで

 

Gフォース号では

タイヤの適正空気圧&耐荷重以内

をコースに合わせた適正ダウンフォースで走らせる

というむずかしい限界バランスが求められています

 

しかし現在はそのセンサー類が無い状態ですので

ほぼ経験と勘で慎重にエアロの仕様変更をする必要があります(滝汗)

 

本音で言うとこれ以上チューニングカーで速さを求めるのは

危険な領域ですので必要無いと思っていますが

ドライバーの安全と努力されているショップさんのために

ここまではしっかりかかわってこの課題解決して行きます

 

まずは前回のバーストによる破損したエアロの修理を行います

フロントアンダーウイングも破損しましたが

強度的には問題ありませんでしたので修理中

フロントフェンダーは修復不可でしたので新規で

サイドパネルは修理可能でしたが外観を損ねますので新規に

 

サイドアンダーパネルは修理出来そうでしたがやはり新規に

バンパーも少しダメージがありましたので破損個所を

型に入れて修理&再塗装します

ついでにオイルクーラーのダクトも今期不要になりましたのでキャンセル

オートサロンの次は

28日のプレミアムデーに向けて

Gフォース号の富士仕様に

なる早でアンダーウイングを九州方面に(汗)

フロントアンダーウイング

国内のタイムアタックもWTACスペックのパーツが

必要になってきましたので

タイプ16というウイングを市販化しました

そうなるとそれにバランスさせるフロントアンダーウイング

が必要になります(もちろんフルフロアーパネル化が先です)

 

 

条件を外れるとタイヤがバースト等のトラブルが発生しますので

一定の条件を満たした車両限定ですが開発をスタートしました

エアロは感から

弊社の風洞データーは参考程度のものですが

タイムアタックカーのように走行時間が極めて

少ないカテゴリーには大変参考になります。

それでもテストパーツは何をテストしようか?

実走行のデーターと合わせてどうまとめてゆくか?

など感の部分は大きいです

 

 

タイムアタック筑波

2月24日に筑波サーキットにてタイムアタックイベントが開催されました

エントリーされている中に弊社のパーツを使っていただいているユーザーさんが

多数いらっしゃるので、応援に行ってきました

 

 

昨年から微力ながらタイムアタックの底上げをテーマに

して来ました関係でシーズンオフの間の努力を知っているだけに

見ているだけでも緊張しました

 

結果はそれぞれですが、また来季に向けて弊社なりの応援してゆきたいと

思いました(感謝)

具体的に表現できませんが過去最高のイベントだったと思います

 

 

 

主催者の青木さんもお疲れ様でした~(感謝)

 

 

 

 

大会の模様は下記をご覧ください

Attack2017筑波・聖地TC2000で1Lapに全身全霊を懸けるタイムアタッカー達に迫る。

 

風洞試験とタイムアップ

風洞試験でたまに空気抵抗も増やさずダウンフォースだけ

発生させる美味しいアイテムを見つける事が出来ます

たいがいの場合はドラッグ(空気抵抗)を伴いますが

問題はその交換率といいうか効率です

ただし、チューニングカーの場合は

走るコース、エンジンパワーによって、とにかくダウンフォースが欲しい場合は

効率が悪くてもなんか間違ってるセットでも風洞テストや実走行で効果が確認取れていれば

意図的に行うこともあります

要はタイムアップできれば、そのときに出来る答になります

 

 

実験その8

 

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします