営業時間
10:00〜17:00

定休日
第2・4土曜および日曜



アーカイブ : 2014年9月

ぐるぐる

 

960215_615684535140385_966672043_n

530347_681953945172582_682391837_n

 

ここからの一年・・

DSC_6948

事後数値確認

DSC02584

フィードバック&市販にこだわり商品化

ab6db9a3f2

その次のテストを兼ねて大魔神号により実走データー収集

DSC_7497

IMG_3002

さらに実走テストでエアロデータ収集&フィードバック

 

1395277_695822923763550_861544653_n

でまたここにフィードバック・・

 

 

tenbin01_22

勝利の方程式は各担当の1の掛け算らしい

(チューニングカーは平均値かな?)

少なくともwtacのおけるこの3台の

エアロを担当させていただいていますので

自分所も「1」に限りなく近づけるように最後まで

努力しないといけませんね

 

 

※完璧の「1」はチューニングカーの場合

レギュレーション上の最大パフォーマンスだけではなく

ユーザーさんへの応用例などの提案も含めた物を理想的な

「1」と弊社は考えています

 

あるよ

 

IMG_3073

先日やっと見つかった中古トランクで取り付け作業をやっていますが

工数が多いので大変です(汗)

IMG_3074

ご要望によりブラケットも高い物を追加しました

 

でもこの地道な対応がそのまま少しずつ

商品アイテムとして増えて行きますので

求められて能力を発揮するタイプの自分としては

商品開発のネタが途切れる事が無いので楽です

 

 

まさに「お客さんに育てられているメーカー」ですね(感謝)

 

 

ちなみに奥に見えるハッチは「ブーン」です

もう一つ注文が入っているようなので、今のうちに専用ステーを作らないと

 

ウイング

IMG_3065

 

IMG_3066

別件のウイング

風力発電プロジェクト開始~では無いです(笑)

 

新設定

画像はBMW E82のトランクパネルです

弊社のウイングはセミオーダー~特注品ですので

トランクパネル上の台座を制作する時に現物が必要になります

IMG_3013

ちなみにこちらもスワンネックウイングのオーダーで

自分が思っているよりも需要があります

作るのに手間がかかりますが地道にコツコツ頑張っています(笑)

weld86

weld86

AJ1Y8464kai

7tuneさんの記事です、ビルダーの想いや背景も紹介されていて
車+人で車の見え方もいっそう深いものに見えます

そう思うと弊社は特にwatcこちらの
サイトではいろいろ伝えて頂いている事もあって
長く活動できている要因になっています(感謝)

秋晴れ

IMG_3012

wtacの準備中は雨ばかりでしたがコンテナ入れが終わったら

気持ちの良い秋晴れ~(笑)

wtac2014

ab6db9a3f2

初参加で何処まで行けるか楽しみな一台

フロントダウンフォースが良く出ていますので

後はリヤウイングを間に合わせればとらえず走るようになるかな?

エアロ担当  モトッチ

エアロデータ管理 ココアシステムズ

A59R2221kai

こちらは3度目の挑戦でなんとか納得の走りを見たいとろ

順位的にはアンダー君、MCAとFRとか関係なく

一番を目指している強力な2台がいますが

この一か月をどう過ごすかで可能性はあると思っています

(平野社長、全体ミテーィングしましょう~)

 

 

エアロ担当  三十爺、zeek中村、ジントニック

エアロデータ管理 ココアシステムズ

 

 

10862541294_9c54d7cd06_o

昨年のタイムから見ると優勝候補になっていると思います

チームも解っていて守りに入らずに軽量化、モアパワー

を進めています、もちろんエアロも昨年出来なかった

パーツや改善を行います

 

 

エアロ担当 中嶋

 

 

 

 

 

 

ウルルン滞在記1

IMG_3008

勢い余って渡英した時の話(つまらないかも)

91年だったか仕事は一通り憶えたし(つもりね)、何の当てもないまま
行けば何とかなるだろうと思って渡英したものの

空港のイミグレーションでひっかかりあぶなく強制送還になるのをなんとかクリアし

ボーマンレーシング、ラルト、レイトン、フットワーク、ティレル、マクラーレン、ベネトン

軒並みお断りされて、それでもなんとなくシルバーストーンに行けば
鈴鹿みたいにレース村見たいのものか何かあるだろうと
思って行ってみました

10703763_4407416200109_480616440864585659_n

これが正解で敷地内になんと名門レーシングチームのアランドッキングがありました

当時日本から野田英樹さんがこちらでF3に参戦していましたので

近くまで行ってみるとメカニックさんが外で作業していました

一応「野田英樹さんはいますか?」と尋ねたところ(つもりね)

「おっ~英樹の友達か?待ってろ、今呼んできてやるよ」と

勘違いしてくれましたので、たまたまお会いできました

で事情を説明したと所、隣がそんな事をやっているよと

マネージャのクリスさんと話をしに行ってくれました

その時は断られたのですが、翌日もう一度一人で行ってみました

やはりお断りモードで毎回のパターンで

「工場を簡単に見学させてもらい最後のドアが外」

みたいな感じでしたが、たまたま作業している人が

日産のラリーカーのアンダーカバーを作っている所で
説明文が日本語でしたので

「おいおい君は日本人か?これなんて書いてあるかわかるか?」

「あぁこれはここからエアーが抜けるようにと書いてあるよ、作るのには関係ないよ」

とかやり取りしていると、マネージャーの方がオーナーに交渉してくれて
修行させてもらえるようになりました

その野田さんが今イギリスに行っていますのでなんとなく書いてみました

つづか無いかもなので、もしこれから海外に無茶しに行こうと考えている人がいれば
向こうで感じた事を数点

海外は育ててもらうところじゃなくて挑戦する所

向こうで大事なのは、人として信用してもらうこと

向こうから見た日本(ご自分で)

野田さん

2014wtac

581104_615684011807104_2058599931_n

昨日で日本チームのコンテナ入れが終了しました

まだ、スペアパーツや変更パーツの製作が残っていますが

ここからはこちらの開発も始まります

このTILTON号、開発時のリクエストは「プリティーにしてくれ」というもので
意味的には「性能も大事だが美しいデザインにしてほしい」とリクエスト 頂いていました

  昨年はエアロのバランスがどうなるか見えてい無い部分もあり
なるべくセッティング幅を大きくしておく関係で
チームには大きなカナード等、武骨な部分を我慢してもらいました

結果的には調整代をいっぱいまで使わずにまとめたところで
レコードタイムを更新、優勝してもらいましたので助かりました  

このチームのメンバーは本業がレースエンジニア系のメンバーですので
好きなタイムアタックまでレースカーのようにして速く走らせる事を
望んでいないと思っています(たぶん)  

変わらずチューニングカーが好きなメンバーなんですね(笑)

それでも3連覇という大きな目標を掲げてくれているところが
wtacインタビュー
僕的には、かつてのサイバー号同様

「めざしてもらえるチャンピオン」になっていますので

出来ればこのくらいの(ストックボディーを残した仕様)で
目標をクリア出来るように無い知恵を絞って協力したいと思います

こちらも積み込み完了

IMG_3007

ありがとう~!

Copyright (c) VOLTEX co., ltd All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている全ての画像、文章、データ等の無断転用、転載をお断りします